タイで拘束の62歳もミニスカ派 若作りオンナはなぜモテる

公開日:

 今週、国際手配中だった62歳の日本人女性が出資法違反で逮捕された。数十人から計7億円以上を詐取した疑いが持たれている。

 この女性、62歳ながら厚化粧に白いブラウス、ミニスカートが特徴。話し方も甘えていて、31歳のタイ人の彼氏には「38歳」と称していた。

 この妙な“女子力”は、京都の連続夫毒殺事件の筧千佐子被告、首都圏連続不審死事件で死刑が確定した木嶋佳苗被告にも通じるものだが、こういう人、婚活パーティーにひとりは必ずいるし、そんなオンナたちを気に入る男性も少なくない。女性から見ると「滑稽」でさえある若づくりに引かれるのはなぜなのか。

「女性は年を重ねるにつれて清純さを失ってしまいがちです。オバサン化したり、あるいはむしろオンナを武器にした悪女になったりする。ただ、中にはいくつになっても清純さが見え隠れする少女的なタイプがいる。この手の女性は“少女”になり切っていて、一度関わった男性は、ある種メルヘンな世界観にのめり込んでしまうのです。自分自身も若返った気分になり、居心地がいい。それでどっぷりハマってしまうのです」(明大講師の関修氏=心理学)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る