• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

タイで拘束の62歳もミニスカ派 若作りオンナはなぜモテる

 今週、国際手配中だった62歳の日本人女性が出資法違反で逮捕された。数十人から計7億円以上を詐取した疑いが持たれている。

 この女性、62歳ながら厚化粧に白いブラウス、ミニスカートが特徴。話し方も甘えていて、31歳のタイ人の彼氏には「38歳」と称していた。

 この妙な“女子力”は、京都の連続夫毒殺事件の筧千佐子被告、首都圏連続不審死事件で死刑が確定した木嶋佳苗被告にも通じるものだが、こういう人、婚活パーティーにひとりは必ずいるし、そんなオンナたちを気に入る男性も少なくない。女性から見ると「滑稽」でさえある若づくりに引かれるのはなぜなのか。

「女性は年を重ねるにつれて清純さを失ってしまいがちです。オバサン化したり、あるいはむしろオンナを武器にした悪女になったりする。ただ、中にはいくつになっても清純さが見え隠れする少女的なタイプがいる。この手の女性は“少女”になり切っていて、一度関わった男性は、ある種メルヘンな世界観にのめり込んでしまうのです。自分自身も若返った気分になり、居心地がいい。それでどっぷりハマってしまうのです」(明大講師の関修氏=心理学)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  5. 5

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

  8. 8

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

もっと見る