タイで拘束の62歳もミニスカ派 若作りオンナはなぜモテる

公開日:

 今週、国際手配中だった62歳の日本人女性が出資法違反で逮捕された。数十人から計7億円以上を詐取した疑いが持たれている。

 この女性、62歳ながら厚化粧に白いブラウス、ミニスカートが特徴。話し方も甘えていて、31歳のタイ人の彼氏には「38歳」と称していた。

 この妙な“女子力”は、京都の連続夫毒殺事件の筧千佐子被告、首都圏連続不審死事件で死刑が確定した木嶋佳苗被告にも通じるものだが、こういう人、婚活パーティーにひとりは必ずいるし、そんなオンナたちを気に入る男性も少なくない。女性から見ると「滑稽」でさえある若づくりに引かれるのはなぜなのか。

「女性は年を重ねるにつれて清純さを失ってしまいがちです。オバサン化したり、あるいはむしろオンナを武器にした悪女になったりする。ただ、中にはいくつになっても清純さが見え隠れする少女的なタイプがいる。この手の女性は“少女”になり切っていて、一度関わった男性は、ある種メルヘンな世界観にのめり込んでしまうのです。自分自身も若返った気分になり、居心地がいい。それでどっぷりハマってしまうのです」(明大講師の関修氏=心理学)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  2. 2

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る