30年前に比べ急増 「突然キレる女性」メカニズムと対処法

公開日:

 NHKが昨年行った調査によると、この30年間で「キレる妻」が急増しているという。たしかに、さっきまで普通に話していたのに、突然不機嫌になり口を利かなくなったり、「なんでいつもそうなの!?」と責めてきたり……。男には理解しがたい女性の習性のひとつだ。あれはいったいどう対応したらいいのだろうか。

 恋人・夫婦仲相談所所長の三松真由美氏に聞いた。

「女性はひとつの小さなことに対してキレているわけではありません。嫌なことが少しずつ積み重なって、最後の一押しでキレるというのが、よくありがちな怒りのパターンなんです」

 ため込まれて突然爆発されるよりは、先に不満を言ってくれたほうがありがたいのだが……。

「女性はさりげなく“わかって”ビームを出していることが多いですよ。『え~、でも』『う~ん、そうかなぁ』というように、やんわり否定や拒否の言葉を発していたり、少し不機嫌そうにしたりと、察してほしい光線を出しています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る