プレミアムフライデーで不倫が増加 男女問題専門家が指摘

公開日: 更新日:

 先週金曜日(3月31日)の「プレミアムフライデー」を満喫したのは、午後3時過ぎに早上がりした安倍首相くらいではないか。東京は雨がパラついていたこともあり、百貨店や飲み屋は人影がまばらだった。調査会社インテージの調査によると、初回の2月24日に通常より早く帰れた人は3.7%にとどまったという。盛り上がる気配がないのも当然か。

 現時点で消費にはほとんど結びついていないようだが、不倫の増加に拍車が掛かるのではないか、との見方が浮上している。10年間で約1万件の男女問題の相談に乗った実績を持つ行政書士の露木幸彦氏が言う。

「プレミアムフライデーを導入した企業はまだ多くありません。ただ、これから徐々に増え始めると、不倫が爆発的に増えるでしょう。浮気の多くは職場不倫だったり、スケベな男性が“隙間時間”を使い、SNSや出会い系アプリで遊び相手を見つけることから始まります。今までは残業など時間的制約があり、未婚女性と知り合う機会がなかった既婚男性たちが、早く退社した時間を“活用”して、遊ぶ女性を探し始めることは容易に想像がつきます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  3. 3

    未浄化下水広がる“肥溜めトライアスロン”に選手は戦々恐々

  4. 4

    兵庫・明石商監督に聞いた データ分析のチーム強化の労苦

  5. 5

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  6. 6

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  7. 7

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  8. 8

    引きこもりだった大学生が「しょぼい喫茶店」を始めるまで

  9. 9

    セレブ子弟集まる青学初等部に残る“ボスママ戦争”の後遺症

  10. 10

    香取慎吾の出演を認めさせた 萩本欽一&ジャニー社長の絆

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る