うつ克服 プロサウナーのヨモギー氏「サウナの作法」語る

公開日:

 サウナの効用のひとつに自律神経のバランスを整えることがある。うつ病をサウナで克服したプロサウナーのヨモギー氏に話を聞いた――。

「離婚を経験し、うつ病を患っていた20代後半、実家のある北の大地でサウナと出合いました。高温の室内で多量の汗をかき、露天に出て風に吹かれながら体のほてりを冷ました。すると、雄大な自然の向こうにポッカリと雲が浮かんでいた。悩みが消えたように感じ、以来サウナにハマるようになりました」

 ヨモギー氏は普段はごく普通の会社員。アラフォーとなった今も時間をやりくりしながら年間700回以上もサウナに通い続けている。好きが高じて厚労省が後援する「サウナ・スパ管理士」という資格まで取得した。

「ストレス過多の環境下では自律神経が乱れます。これが悪化すると、人はうつ病になります。サウナに入っている状況下では交感神経が働き、まさにストレスにさらされている状況です。そのストレス環境から出て水風呂に漬かり、体が常温に戻る過程で副交感神経に切り替わり、人はリラックスした状態になる。この繰り返しで、自律神経は安定するのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る