うつ克服 プロサウナーのヨモギー氏「サウナの作法」語る

公開日:

 サウナの効用のひとつに自律神経のバランスを整えることがある。うつ病をサウナで克服したプロサウナーのヨモギー氏に話を聞いた――。

「離婚を経験し、うつ病を患っていた20代後半、実家のある北の大地でサウナと出合いました。高温の室内で多量の汗をかき、露天に出て風に吹かれながら体のほてりを冷ました。すると、雄大な自然の向こうにポッカリと雲が浮かんでいた。悩みが消えたように感じ、以来サウナにハマるようになりました」

 ヨモギー氏は普段はごく普通の会社員。アラフォーとなった今も時間をやりくりしながら年間700回以上もサウナに通い続けている。好きが高じて厚労省が後援する「サウナ・スパ管理士」という資格まで取得した。

「ストレス過多の環境下では自律神経が乱れます。これが悪化すると、人はうつ病になります。サウナに入っている状況下では交感神経が働き、まさにストレスにさらされている状況です。そのストレス環境から出て水風呂に漬かり、体が常温に戻る過程で副交感神経に切り替わり、人はリラックスした状態になる。この繰り返しで、自律神経は安定するのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る