藤井四段ブームで大注目 知られざるプロ棋士の稼ぎと生活

公開日:

 公式戦デビュー29連勝の新記録を達成した将棋の藤井聡太四段(14)を見て、「わが子も」と意気込んでいる親は多いはず。だが、藤井四段のように冷静かつ確かな大局観を持ったほうがいい。

 将棋人口は530万人ともいわれるが、プロ棋士は約160人。全国レベルの天才少年の、そのまた「1割ほどしかプロになれない」(日本将棋連盟関係者)という狭き門だ。それなのに、意外と稼ぎは多くない。

 年間獲得賞金・対局料ランキング3年連続トップの羽生善治三冠(46)にしたって、昨年は9150万円。ソニーの平井一夫社長(役員報酬9億5500万円)の10分の1以下だ。

■平均年収は上場企業よりも低い

 ひたすら実力の世界だから、3位の佐藤天彦名人(29)のように、14年966万円→15年2616万円→16年5722万円と急増するプロもいれば、4位の糸谷哲郎八段(28)のように、1563万円→5531万円→3543万円と乱高下するプロもいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  9. 9

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る