藤井四段ブームで大注目 知られざるプロ棋士の稼ぎと生活

公開日:

 公式戦デビュー29連勝の新記録を達成した将棋の藤井聡太四段(14)を見て、「わが子も」と意気込んでいる親は多いはず。だが、藤井四段のように冷静かつ確かな大局観を持ったほうがいい。

 将棋人口は530万人ともいわれるが、プロ棋士は約160人。全国レベルの天才少年の、そのまた「1割ほどしかプロになれない」(日本将棋連盟関係者)という狭き門だ。それなのに、意外と稼ぎは多くない。

 年間獲得賞金・対局料ランキング3年連続トップの羽生善治三冠(46)にしたって、昨年は9150万円。ソニーの平井一夫社長(役員報酬9億5500万円)の10分の1以下だ。

■平均年収は上場企業よりも低い

 ひたすら実力の世界だから、3位の佐藤天彦名人(29)のように、14年966万円→15年2616万円→16年5722万円と急増するプロもいれば、4位の糸谷哲郎八段(28)のように、1563万円→5531万円→3543万円と乱高下するプロもいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る