• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

米国の鶴の一声で…空港の“爆発物検査”に評論家は疑問符

 夏休み本番を前に、今月18日から始まった米到着便搭乗前の爆発物検査。米政府が先月、世界各国の航空会社にテロ対策強化を呼びかけたことを受け、日本国内の主要航空会社も応じた。検査対象は、パソコンやラップトップなどの電子機器類で、対象者は「無作為」に選ばれるという。検査内容について国交省航空局に問い合わせると「具体的な措置内容に関わることなので答えられない」と素っ気ない。

 国家の安全に関わることだからつまびらかにできないとしても、不透明なプロセスで検査対象者として選ばれた搭乗者の中には、不快に思う人も少なくないだろう。

 ただ、改めて気になるのは、検査の効果だ。航空評論家の秀島一生氏がこう指摘する。

「今回の検査は、あまり意味のあることとは思えません。そもそも、本気でテロ対策を講じるなら、乗客を一人一人検査するのみならず、空港業務に関わる全ての職員を空港内部に入る前に検査しないといけません。もし、そんなことをしたら、業務も人も渋滞してフライトが遅延します。現時点で何らトラブルが生じていないということは、保安検査に時間をかけていないことの証左です。航空・空港会社は、あくまで営業優先なので、検査に時間をかけたくない、というのが本音でしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  2. 2

    うつ男性に「一歩ずつ」…シュワちゃん“神対応”に絶賛の嵐

  3. 3

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  4. 4

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  5. 5

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  8. 8

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  9. 9

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  10. 10

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

もっと見る