• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

米国の鶴の一声で…空港の“爆発物検査”に評論家は疑問符

 夏休み本番を前に、今月18日から始まった米到着便搭乗前の爆発物検査。米政府が先月、世界各国の航空会社にテロ対策強化を呼びかけたことを受け、日本国内の主要航空会社も応じた。検査対象は、パソコンやラップトップなどの電子機器類で、対象者は「無作為」に選ばれるという。検査内容について国交省航空局に問い合わせると「具体的な措置内容に関わることなので答えられない」と素っ気ない。

 国家の安全に関わることだからつまびらかにできないとしても、不透明なプロセスで検査対象者として選ばれた搭乗者の中には、不快に思う人も少なくないだろう。

 ただ、改めて気になるのは、検査の効果だ。航空評論家の秀島一生氏がこう指摘する。

「今回の検査は、あまり意味のあることとは思えません。そもそも、本気でテロ対策を講じるなら、乗客を一人一人検査するのみならず、空港業務に関わる全ての職員を空港内部に入る前に検査しないといけません。もし、そんなことをしたら、業務も人も渋滞してフライトが遅延します。現時点で何らトラブルが生じていないということは、保安検査に時間をかけていないことの証左です。航空・空港会社は、あくまで営業優先なので、検査に時間をかけたくない、というのが本音でしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  4. 4

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  5. 5

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  6. 6

    「すれ違いが原因」に違和感 NHK桑子アナの離婚の真相は?

  7. 7

    通信機器宣伝マンから再出発 “ギター侍”波田陽区さんは今

  8. 8

    あやまんJAPANめんそ~れ愛菜 脱退後“社長転身”で年収30倍

  9. 9

    退所しても人気絶大 ジャニーズは3日やったらやめられない

  10. 10

    国会大幅延長は安倍3選のためか 総裁選工作に血税90億円

もっと見る