米国の鶴の一声で…空港の“爆発物検査”に評論家は疑問符

公開日: 更新日:

 夏休み本番を前に、今月18日から始まった米到着便搭乗前の爆発物検査。米政府が先月、世界各国の航空会社にテロ対策強化を呼びかけたことを受け、日本国内の主要航空会社も応じた。検査対象は、パソコンやラップトップなどの電子機器類で、対象者は「無作為」に選ばれるという。検査内容について国交省航空局に問い合わせると「具体的な措置内容に関わることなので答えられない」と素っ気ない。

 国家の安全に関わることだからつまびらかにできないとしても、不透明なプロセスで検査対象者として選ばれた搭乗者の中には、不快に思う人も少なくないだろう。

 ただ、改めて気になるのは、検査の効果だ。航空評論家の秀島一生氏がこう指摘する。

「今回の検査は、あまり意味のあることとは思えません。そもそも、本気でテロ対策を講じるなら、乗客を一人一人検査するのみならず、空港業務に関わる全ての職員を空港内部に入る前に検査しないといけません。もし、そんなことをしたら、業務も人も渋滞してフライトが遅延します。現時点で何らトラブルが生じていないということは、保安検査に時間をかけていないことの証左です。航空・空港会社は、あくまで営業優先なので、検査に時間をかけたくない、というのが本音でしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  2. 2

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  3. 3

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  4. 4

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  5. 5

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  6. 6

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  7. 7

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  8. 8

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  9. 9

    朝ドラで存在感 元乃木坂46深川麻衣は女優で大成できるか

  10. 10

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

もっと見る