米国の鶴の一声で…空港の“爆発物検査”に評論家は疑問符

公開日:

 夏休み本番を前に、今月18日から始まった米到着便搭乗前の爆発物検査。米政府が先月、世界各国の航空会社にテロ対策強化を呼びかけたことを受け、日本国内の主要航空会社も応じた。検査対象は、パソコンやラップトップなどの電子機器類で、対象者は「無作為」に選ばれるという。検査内容について国交省航空局に問い合わせると「具体的な措置内容に関わることなので答えられない」と素っ気ない。

 国家の安全に関わることだからつまびらかにできないとしても、不透明なプロセスで検査対象者として選ばれた搭乗者の中には、不快に思う人も少なくないだろう。

 ただ、改めて気になるのは、検査の効果だ。航空評論家の秀島一生氏がこう指摘する。

「今回の検査は、あまり意味のあることとは思えません。そもそも、本気でテロ対策を講じるなら、乗客を一人一人検査するのみならず、空港業務に関わる全ての職員を空港内部に入る前に検査しないといけません。もし、そんなことをしたら、業務も人も渋滞してフライトが遅延します。現時点で何らトラブルが生じていないということは、保安検査に時間をかけていないことの証左です。航空・空港会社は、あくまで営業優先なので、検査に時間をかけたくない、というのが本音でしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  4. 4

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る