• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
曽我和弘
著者のコラム一覧
曽我和弘

大学卒業後、ゴルフ雑誌や米国医学雑誌の編集を経て、あまから手帖社に入社。一貫して雑誌畑を歩む。99年にクリエイターズ・ファクトリーを設立。食分野を中心に取材・執筆のほか、食文化の継承や食の流行を作ったりと多方面で活躍。JR大阪駅構内などの飲食店もプロデュース。駅ナカビジネスの仕掛け人とも呼ばれる。現在は大阪樟蔭女子大で講師も務め、関西食文化研究会座長でもある。

農家厨房(肥後橋店)女性シェフが作るからだに優しい中華

 阪神高速・土佐堀出口のすぐ前に常に行列ができている中華料理店がある。以前、このコーナーで紹介した「農家厨房」の肥後橋店で、女性料理長の中村伊都子さんが腕をふるっていることもあって、ことにOLには評判がいい。

 5月末からお盆ぐらいまでは、限定メニューのトマト冷麺(780円)があって、この時季のみしか味わえない。これを目あてに訪れる人もいるくらいだ。ただし、この料理は1日10食のみで、日によっては11時30分の入店時で売り切れてしまうらしく、それが食べたければ開店を待って並ぶしかあるまい。

「農家厨房」のコンセプトは、その店名が示すように野菜にある。店主の大仲一也さんが泉州の農家出身で自身も田畑に入り、野菜を育てている。自家と身の周りの農家で作った物を主な食材としているために、野菜に対する思い入れが一般店とは違うのだ。そんなオーナーの考えに共感して修業を積んだ中村シェフは、自らを「健康志向」と表現するほど食と健康を結びつけて調理をする人。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事