曽我和弘
著者のコラム一覧
曽我和弘

大学卒業後、ゴルフ雑誌や米国医学雑誌の編集を経て、あまから手帖社に入社。一貫して雑誌畑を歩む。99年にクリエイターズ・ファクトリーを設立。食分野を中心に取材・執筆のほか、食文化の継承や食の流行を作ったりと多方面で活躍。JR大阪駅構内などの飲食店もプロデュース。駅ナカビジネスの仕掛け人とも呼ばれる。現在は大阪樟蔭女子大で講師も務め、関西食文化研究会座長でもある。

さんさん食堂(三田)地元食材にこだわる市役所内の食堂

公開日:  更新日:

 公共施設の食堂が充実しつつある。安かろう、悪かろうのメニューではなく、その店らしい個性を打ち出す食堂が出てきたからだ。三田市役所2号庁舎にある「さんさん食堂」もその一例。一般客も使える明るい職員食堂――をコンセプトに作った。これまでの職員専用食堂の印象を捨て、新たにテーマレストランとして誕生したのだ。

 同店の特徴は三田の米や野菜に特化したこと。オーナーが市内に田畑を有しており、そこで栽培した野菜を主に用いている。「ここから15分ほどの須磨田地区から直接野菜が届きます。なので鮮度は抜群。その日、採ったものがすぐに調理に回せるわけです」とは中谷世志樹店長の弁。使用する野菜の半分は自家で賄い、残りはJAの直売所から地元産を分けてもらう。このように三田産にこだわることで特徴づけをしている。

 客の7割が注文するという定食はAとBがあり、Aが松花堂風の和食で、Bが1プレートの洋食になっている。「和風はサラダと豆腐料理が必ずあって、あとの二枡(ふたます)を主菜と副菜で構成。この二つは日毎に替わります」。中谷店長によれば、和風定食の方が人気が高く、より野菜が使われているから健康面でも選ぶ人が多いのだろうとの話だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  9. 9

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る