曽我和弘
著者のコラム一覧
曽我和弘

大学卒業後、ゴルフ雑誌や米国医学雑誌の編集を経て、あまから手帖社に入社。一貫して雑誌畑を歩む。99年にクリエイターズ・ファクトリーを設立。食分野を中心に取材・執筆のほか、食文化の継承や食の流行を作ったりと多方面で活躍。JR大阪駅構内などの飲食店もプロデュース。駅ナカビジネスの仕掛け人とも呼ばれる。現在は大阪樟蔭女子大で講師も務め、関西食文化研究会座長でもある。

Confiture Kajyu KOBE(神戸)評判の手作りジャムをぜひ

公開日:  更新日:

 コンフィチュールとは、仏語でジャムのこと。ただ日本では、添加物を用いぬピュアなジャムを指してそう呼ぶことが多い。湊川神社(神戸)西の路地を通った所にある「Kajyu KOBE」は、まさにその定義を実践している工房。出所がはっきりとした果物の個性をうまく出すべく、添加物を一切用いずにジャムづくりに励んでいる。

 本来、ジャムは酸とペクチンの力でゼリー化するのだが、ここでは添加物を嫌うためにリンゴからペクチンを抽出し、クエン酸にしてもその果実が有していなければ、レモンの搾り汁から取って使うという徹底ぶり。まさに安心安全とトレーサビリティを実践する店なのだ。

 店主・川良紀彦さんがこだわるのは、果物の旬。たとえイチゴやブドウが売れ筋でも、旬を迎えないと作らない。そんな同店では、今、イチゴのコンフィチュール(950円)が花咲り。南淡路島産のさちのかを使い、粒が残るように手作りしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る