遭難1週間を救った 「チョコ」が非常食に最適な3つの理由

公開日: 更新日:

 チョコレートが「非常食」に向くことが、図らずも証明された。

 北アルプスで今月13日に遭難、行方不明になっていた広島市のアルバイト、筒井清之さん(74)。20日、富山県黒部市の山中で1週間ぶりに発見されたが、筒井さんを救ったのは、水とチョコだった。

 県警黒部署によると、筒井さんは13日午後4時ごろ、北アルプスの唐松岳から祖母谷温泉に向かう登山道の南越沢で足を踏み外し、約10メートル滑落。現場は携帯電話がつながらない地域で、筒井さんはその場から動かず体力を温存しつつ、沢の水を飲み、持っていたチョコを小分けにして食べて救助を待ったという。

 山登りを始めたばかりの人には参考になる話。もちろん、地震など災害時の非常食にもなる。

「チョコが優れているのは、高カロリーだからというだけではありません」と話すのは、横浜創英大名誉教授の則岡孝子氏(栄養学)だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK大河「いだてん」大コケでわかった ドラマとは主役次第

  2. 2

    李柄輝氏が語る朝鮮の原則「米国が提案蹴れば行動に移る」

  3. 3

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  4. 4

    朝から晩までピエール瀧 おかげで安倍悪辣政権が6年安泰

  5. 5

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  6. 6

    フジ月9の“復活”を占う 錦戸亮「トレース」最終回の視聴率

  7. 7

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  8. 8

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  9. 9

    また偽装発覚…安倍首相が施政方針演説で巧みな“錯覚工作”

  10. 10

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

もっと見る