• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

遭難1週間を救った 「チョコ」が非常食に最適な3つの理由

 チョコレートが「非常食」に向くことが、図らずも証明された。

 北アルプスで今月13日に遭難、行方不明になっていた広島市のアルバイト、筒井清之さん(74)。20日、富山県黒部市の山中で1週間ぶりに発見されたが、筒井さんを救ったのは、水とチョコだった。

 県警黒部署によると、筒井さんは13日午後4時ごろ、北アルプスの唐松岳から祖母谷温泉に向かう登山道の南越沢で足を踏み外し、約10メートル滑落。現場は携帯電話がつながらない地域で、筒井さんはその場から動かず体力を温存しつつ、沢の水を飲み、持っていたチョコを小分けにして食べて救助を待ったという。

 山登りを始めたばかりの人には参考になる話。もちろん、地震など災害時の非常食にもなる。

「チョコが優れているのは、高カロリーだからというだけではありません」と話すのは、横浜創英大名誉教授の則岡孝子氏(栄養学)だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  3. 3

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  4. 4

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  5. 5

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  6. 6

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  7. 7

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  8. 8

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

もっと見る