遭難1週間を救った 「チョコ」が非常食に最適な3つの理由

公開日:

 チョコレートが「非常食」に向くことが、図らずも証明された。

 北アルプスで今月13日に遭難、行方不明になっていた広島市のアルバイト、筒井清之さん(74)。20日、富山県黒部市の山中で1週間ぶりに発見されたが、筒井さんを救ったのは、水とチョコだった。

 県警黒部署によると、筒井さんは13日午後4時ごろ、北アルプスの唐松岳から祖母谷温泉に向かう登山道の南越沢で足を踏み外し、約10メートル滑落。現場は携帯電話がつながらない地域で、筒井さんはその場から動かず体力を温存しつつ、沢の水を飲み、持っていたチョコを小分けにして食べて救助を待ったという。

 山登りを始めたばかりの人には参考になる話。もちろん、地震など災害時の非常食にもなる。

「チョコが優れているのは、高カロリーだからというだけではありません」と話すのは、横浜創英大名誉教授の則岡孝子氏(栄養学)だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

もっと見る