高橋三千綱
著者のコラム一覧
高橋三千綱

1948年1月5日、大阪府豊中市生まれ。サンフランシスコ州立大学英語学科、早稲田大学英文科中退。元東京スポーツ記者。74年、「退屈しのぎ」で群像新人文学賞、78年、「九月の空」で芥川賞受賞。近著に「さすらいの皇帝ペンギン」「ありがとう肝硬変、よろしく糖尿病」「がんを忘れたら、『余命』が延びました!」がある。

遺言状を書いたが、これが惚れ惚れとする名文に仕上がった

公開日:  更新日:

 昨年の夏ごろに血糖値が異常に高くなることがあった。普段は、朝起きた時点で110㎎/デシリットル程度。血糖値は食事を取ると上がるとはいえ、それでも200~210くらいだ。

 ところが、昨夏は夜中に300とか、400くらいまで上がり、ふくらはぎが痙攣することもあった。きちんとインスリンを打って、酒も4年半やめているのに明らかにおかしい。

 原因はストレスじゃないかと思った。そこで昨年の9月ごろに、試しに缶の焼酎サワーを買ってきた。アルコール度数が8%の商品だったので、一緒に買ってきた炭酸にキャップ1杯分だけ入れて飲んだ。アルコールの風味すらしないが、気持ち的には酒を飲んでいるような感覚になる。

 すると、どうか。途端に血糖値は下がった。

 病気の原因の多くはストレスがあると思う。私の場合、酒をやめることがストレスだった。そういう体質に生まれついたのだから、今さら言っても始まらない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る