年賀状の字が“一瞬”できれいに見える簡単テクニック

公開日: 更新日:

 そろそろ年賀状を準備する季節。LINEなどSNSが通信の中心となった時代だけに、余計にアナログが見直されている。直筆の手紙やはがきは、もらった方だってうれしいものだ。

 ところが、ひとつ問題が……。くせ字などで自分の字にコンプレックスを持っている人は意外に多いのだ。そこで、「誰でも一瞬で字がうまくなる大人のペン字練習帳」(アスコム)を出版した萩原季実子氏(myMOJI主宰)に、誰でも簡単に“一瞬”のうちに字がきれいに見えるテクニックを聞いてみた。

「まず、使用するボールペンの選び方から。インクの量が均等になりやすいゲルインクがきれいな字に見えやすいですね。水性インクを進化させたもので、書き味がなめらかで、かつ書いた字が劣化しにくい特徴があります。さらに、もうひとつのポイントは、下敷きを使うこと。小学生が使う硬質のものではなく、曲げるとグニャッとなるソフトタイプがおすすめ。文房具屋さんや100円ショップで簡単に購入できます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  2. 2

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  3. 3

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  4. 4

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  5. 5

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  6. 6

    高校球界の“巨人嫌い”有望株放出にスカウト部長解任で拍車

  7. 7

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  8. 8

    中高年コロナ急増…感染拡大は小池知事“ご都合主義”の人災

  9. 9

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  10. 10

    小池知事がイエスマン優遇 感染症対策のプロ“左遷”で物議

もっと見る