年賀状の字が“一瞬”できれいに見える簡単テクニック

公開日: 更新日:

 そろそろ年賀状を準備する季節。LINEなどSNSが通信の中心となった時代だけに、余計にアナログが見直されている。直筆の手紙やはがきは、もらった方だってうれしいものだ。

 ところが、ひとつ問題が……。くせ字などで自分の字にコンプレックスを持っている人は意外に多いのだ。そこで、「誰でも一瞬で字がうまくなる大人のペン字練習帳」(アスコム)を出版した萩原季実子氏(myMOJI主宰)に、誰でも簡単に“一瞬”のうちに字がきれいに見えるテクニックを聞いてみた。

「まず、使用するボールペンの選び方から。インクの量が均等になりやすいゲルインクがきれいな字に見えやすいですね。水性インクを進化させたもので、書き味がなめらかで、かつ書いた字が劣化しにくい特徴があります。さらに、もうひとつのポイントは、下敷きを使うこと。小学生が使う硬質のものではなく、曲げるとグニャッとなるソフトタイプがおすすめ。文房具屋さんや100円ショップで簡単に購入できます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    甘利幹事長がNHK「日曜討論」で上から目線&根拠不明発言連発! 自民議員は「票が減る!」と悲鳴

    甘利幹事長がNHK「日曜討論」で上から目線&根拠不明発言連発! 自民議員は「票が減る!」と悲鳴

  2. 2
    小室圭さん母子の金銭トラブルでスポーツ紙の誤報を垂れ流す「ゴゴスマ」に疑問

    小室圭さん母子の金銭トラブルでスポーツ紙の誤報を垂れ流す「ゴゴスマ」に疑問

  3. 3
    東出昌大"飼い殺し"で引退危機…ハーフ美女「呼び寄せ愛」の重すぎる代償

    東出昌大"飼い殺し"で引退危機…ハーフ美女「呼び寄せ愛」の重すぎる代償

  4. 4
    巨人非情の「主力大減俸リスト」 V逸&泥沼10連敗で億万長者選手に迫る“厳冬オフ”

    巨人非情の「主力大減俸リスト」 V逸&泥沼10連敗で億万長者選手に迫る“厳冬オフ”

  5. 5
    巨人痛恨の連敗で7.5差、事実上の“終戦”に…今オフ狙われるのは菅野よりこの男!

    巨人痛恨の連敗で7.5差、事実上の“終戦”に…今オフ狙われるのは菅野よりこの男!

もっと見る

  1. 6
    群馬の「暴威」は手の付けられない不良だった

    群馬の「暴威」は手の付けられない不良だった

  2. 7
    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

  3. 8
    日本ハム“ポスト栗山”に浮上する「意外な3人」の名前 最有力候補の稲葉篤紀氏には障壁が

    日本ハム“ポスト栗山”に浮上する「意外な3人」の名前 最有力候補の稲葉篤紀氏には障壁が

  4. 9
    専門家もお手上げ? コロナ感染者が急減のナゾ…「減ったように見えるだけ」の指摘も

    専門家もお手上げ? コロナ感染者が急減のナゾ…「減ったように見えるだけ」の指摘も

  5. 10
    元巨人“代走のスペシャリスト”鈴木尚広さんが東京・世田谷で農業に夢中なワケ

    元巨人“代走のスペシャリスト”鈴木尚広さんが東京・世田谷で農業に夢中なワケ