• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

年賀状の字が“一瞬”できれいに見える簡単テクニック

投稿日:

 そろそろ年賀状を準備する季節。LINEなどSNSが通信の中心となった時代だけに、余計にアナログが見直されている。直筆の手紙やはがきは、もらった方だってうれしいものだ。

 ところが、ひとつ問題が……。くせ字などで自分の字にコンプレックスを持っている人は意外に多いのだ。そこで、「誰でも一瞬で字がうまくなる大人のペン字練習帳」(アスコム)を出版した萩原季実子氏(myMOJI主宰)に、誰でも簡単に“一瞬”のうちに字がきれいに見えるテクニックを聞いてみた。

「まず、使用するボールペンの選び方から。インクの量が均等になりやすいゲルインクがきれいな字に見えやすいですね。水性インクを進化させたもので、書き味がなめらかで、かつ書いた字が劣化しにくい特徴があります。さらに、もうひとつのポイントは、下敷きを使うこと。小学生が使う硬質のものではなく、曲げるとグニャッとなるソフトタイプがおすすめ。文房具屋さんや100円ショップで簡単に購入できます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  2. 2

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  5. 5

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  6. 6

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  7. 7

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  8. 8

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  9. 9

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  10. 10

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

もっと見る