年賀状の字が“一瞬”できれいに見える簡単テクニック

公開日:

 そろそろ年賀状を準備する季節。LINEなどSNSが通信の中心となった時代だけに、余計にアナログが見直されている。直筆の手紙やはがきは、もらった方だってうれしいものだ。

 ところが、ひとつ問題が……。くせ字などで自分の字にコンプレックスを持っている人は意外に多いのだ。そこで、「誰でも一瞬で字がうまくなる大人のペン字練習帳」(アスコム)を出版した萩原季実子氏(myMOJI主宰)に、誰でも簡単に“一瞬”のうちに字がきれいに見えるテクニックを聞いてみた。

「まず、使用するボールペンの選び方から。インクの量が均等になりやすいゲルインクがきれいな字に見えやすいですね。水性インクを進化させたもので、書き味がなめらかで、かつ書いた字が劣化しにくい特徴があります。さらに、もうひとつのポイントは、下敷きを使うこと。小学生が使う硬質のものではなく、曲げるとグニャッとなるソフトタイプがおすすめ。文房具屋さんや100円ショップで簡単に購入できます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  5. 5

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  6. 6

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

もっと見る