専門家が指摘 タブレット学習で“伸びる能力”“衰える能力”

公開日: 更新日:

 子供がガラケーからスマホに切り替えるのは、中学入学が最初のステップで、その次が高校だ。内閣府の「青少年のインターネット利用環境実態調査」によると、スマホに限った利用率は、小学生は27%だが、中学生は51.7%、高校生94.8%と年齢が上がるにつれて増えていく。子供の周辺のIT化は避けられないだろう。

 ベビーカーを押すママは電車内で子供が騒がないようにスマホを渡し、子供は動画観賞。小学生で手にするケータイはキッズ用でも、家では親のスマホやタブレットをさらりと使いこなす。「漢字アプリで書き取りするから、そんなに悪いことではない」といった親の意見は確かにそうだろう。

 座間で被害に遭ったようなSNSの悪影響はともかく、スマホやタブレットの学習はどれほどの効果があるのか。大阪産業大客員教授の八幡義雄氏(初等教育)が言う。

「計算問題や漢字の書き取りなど繰り返し練習するという点では、学習効果があります。しかし、タブレットで練習する生徒は往々にして筆圧が弱い。ところが、鉛筆を持つ力加減が分からず、教室では、特にシャープペンシルの芯をポキポキとよく折るのです。生活の中では、たとえば親世代が縁日で楽しんだような型抜きみたいな作業はできません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    眞子さんはNYで庶民生活を満喫! 迷子になってもへっちゃら…

    眞子さんはNYで庶民生活を満喫! 迷子になってもへっちゃら…

  2. 2
    NHK和久田麻由子アナが「おめでた」か? 産休後の後任と“玉突き人事”を勝手に占う

    NHK和久田麻由子アナが「おめでた」か? 産休後の後任と“玉突き人事”を勝手に占う

  3. 3
    サンモニ降板の張本勲氏、AKB妊娠発言の徳光和夫…“困った高齢者”が抱える共通項

    サンモニ降板の張本勲氏、AKB妊娠発言の徳光和夫…“困った高齢者”が抱える共通項

  4. 4
    「日本沈没」の主人公たちのマヌケっぷりにだいぶ冷めてきました

    「日本沈没」の主人公たちのマヌケっぷりにだいぶ冷めてきました

  5. 5
    万引誤認でウォルマート訴え勝訴 米アラバマ州の女性がゲットした巨額賠償金はいくら?

    万引誤認でウォルマート訴え勝訴 米アラバマ州の女性がゲットした巨額賠償金はいくら?

もっと見る

  1. 6
    森田剛が「5代目相棒」候補に急浮上! 稲垣吾郎、竹野内豊、向井理の名前も

    森田剛が「5代目相棒」候補に急浮上! 稲垣吾郎、竹野内豊、向井理の名前も

  2. 7
    中学受験「私立か公立か」開成と都立小石川中教の両方に合格したら…

    中学受験「私立か公立か」開成と都立小石川中教の両方に合格したら…

  3. 8
    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代

    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代

  4. 9
    「高校監督時にプロ入りを勧めたのは新庄一人だけ」西日本短大付高の元監督が明かす

    「高校監督時にプロ入りを勧めたのは新庄一人だけ」西日本短大付高の元監督が明かす

  5. 10
    創業3年で月商1億円突破! ネット通販サイトを成功させた元イケメン俳優の挫折と道程

    創業3年で月商1億円突破! ネット通販サイトを成功させた元イケメン俳優の挫折と道程