専門家が指摘 タブレット学習で“伸びる能力”“衰える能力”

公開日:

 子供がガラケーからスマホに切り替えるのは、中学入学が最初のステップで、その次が高校だ。内閣府の「青少年のインターネット利用環境実態調査」によると、スマホに限った利用率は、小学生は27%だが、中学生は51.7%、高校生94.8%と年齢が上がるにつれて増えていく。子供の周辺のIT化は避けられないだろう。

 ベビーカーを押すママは電車内で子供が騒がないようにスマホを渡し、子供は動画観賞。小学生で手にするケータイはキッズ用でも、家では親のスマホやタブレットをさらりと使いこなす。「漢字アプリで書き取りするから、そんなに悪いことではない」といった親の意見は確かにそうだろう。

 座間で被害に遭ったようなSNSの悪影響はともかく、スマホやタブレットの学習はどれほどの効果があるのか。大阪産業大客員教授の八幡義雄氏(初等教育)が言う。

「計算問題や漢字の書き取りなど繰り返し練習するという点では、学習効果があります。しかし、タブレットで練習する生徒は往々にして筆圧が弱い。ところが、鉛筆を持つ力加減が分からず、教室では、特にシャープペンシルの芯をポキポキとよく折るのです。生活の中では、たとえば親世代が縁日で楽しんだような型抜きみたいな作業はできません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る