外食厨房にも人手不足の波 「カット野菜」が引く手あまた

公開日:

 生産年齢人口(15歳以上65歳未満)の減少で深刻な人手不足。業務のAI化やセルフレジなど関連ビジネスが盛んになっているが、実はカット野菜もそのひとつだ。

「埼玉フーズ」(埼玉県川越市)はカット野菜の工場を新設し、生産量を現行の15トンから30トンに倍増する。所沢市に10億円を投資し、来年末に完工予定だ。5年後には売上高を現在の2倍、50億円を目指すというから、なかなかチャレンジングな計画だろう。

「まだまだ目標ですよ」と慎重な姿勢の同社の柿沼丈晴専務は、新設の背景をこう説明する。

「もともとカット野菜は業務用でしたが、東日本大震災後、『便利だ』ということで、一般消費者にも広がっていきました。現在、一般消費者向けが引き続き堅調な上、人手不足から、外食やスーパーの厨房など、業務用の引き合いが増えています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

もっと見る