清掃代、葬式代もカバー 需要高まる「孤独死保険」の中身

公開日: 更新日:

 最近のアパートの家主は、独居世帯の増加に頭を抱えているそうだ。内閣府によると、一人暮らしの高齢者(65歳以上)は、全国にざっと600万人(2015年)で、25年には700万人に膨らむという。

 そこで社会問題化しているのが孤独死だ。日本少額短期保険協会の調査では、孤独死の平均年齢は59歳。男性の場合は、仕事関係や管理会社、宅配業者などに発見されることが多いという。

 発見までに平均40日前後かかるので、異臭騒ぎを起こしてしまうケースも珍しくない。同協会は孤独死の後片付けにかかる費用を試算していて、清掃代などに60万円を必要としている。こうした費用は保証人が負担することになっているが、実際は家主が払うのがほとんど。保証人と連絡が取れないことが多いからだ。

 そこで需要が高まっているのが、賃貸物件のオーナー向けの保険。アイアル少額短期保険の「無縁社会のお守り」、e―Net少額短期の「Re―Room」などがそれだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  2. 2

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  3. 3

    あとで困る?故人の銀行口座から貯金を引き出す際の注意点

  4. 4

    「ドクターX」制作未定 “ポスト米倉”は内藤剛志&金田明夫

  5. 5

    検察悩ます黒川氏賭けマージャン告発 不起訴なら非難囂々

  6. 6

    米倉涼子の大誤算…テレビ出演オファーはゼロで舞台に活路

  7. 7

    これぞ波瑠の神秘性?主演ドラマに不満アリも心はガッチリ

  8. 8

    解散・総選挙を打つ力もない安倍総理は早々に見限られる

  9. 9

    派遣社員の雇い止めに続き 12月には正社員の解雇が本格化

  10. 10

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

もっと見る