清掃代、葬式代もカバー 需要高まる「孤独死保険」の中身

公開日:

 最近のアパートの家主は、独居世帯の増加に頭を抱えているそうだ。内閣府によると、一人暮らしの高齢者(65歳以上)は、全国にざっと600万人(2015年)で、25年には700万人に膨らむという。

 そこで社会問題化しているのが孤独死だ。日本少額短期保険協会の調査では、孤独死の平均年齢は59歳。男性の場合は、仕事関係や管理会社、宅配業者などに発見されることが多いという。

 発見までに平均40日前後かかるので、異臭騒ぎを起こしてしまうケースも珍しくない。同協会は孤独死の後片付けにかかる費用を試算していて、清掃代などに60万円を必要としている。こうした費用は保証人が負担することになっているが、実際は家主が払うのがほとんど。保証人と連絡が取れないことが多いからだ。

 そこで需要が高まっているのが、賃貸物件のオーナー向けの保険。アイアル少額短期保険の「無縁社会のお守り」、e―Net少額短期の「Re―Room」などがそれだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    森友裁判で新展開 近畿財務局の前総務部長が法廷で証言へ

もっと見る