全国各地に名所あり なぜ街路樹はイチョウが多いのか?

公開日: 更新日:

 秋も深まり、イチョウの木も鮮やかに色づき始めた。イチョウといえば街路樹のイメージだ。実際、「東京都の木」にも選ばれるなど、都民は特に印象深いだろう。全国的にも北海道大学や大阪の御堂筋、鹿児島の垂水など、各地にイチョウ並木の名所がある。それにしても、街路樹はなぜイチョウなのか。東京都の担当者に聞いた。

「確かにイチョウは1966年にハガキによる一般投票で、都の木に選ばれています。2位はケヤキ、3位はソメイヨシノでした。しかし、街路樹で今一番多いのはイチョウではなく、ハナミズキなんです」

 えっ、そうなの。現在、都の街路樹は101万本余り(中木・高木のみ。サツキなどの低木は含まず)で、ハナミズキが最多の6.1%を占めるという。紅葉が目に鮮やかで花を咲かせる一方、成長しすぎずガードレールを傷めないなどのメリットがあるという。ハナミズキが街路樹本数1位に躍り出たのは2015年。それまで1位に君臨していたのが、イチョウだ。占有率にして0.1ポイント差で1位を譲ったとはいえ、今も2位をキープしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  4. 4

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  5. 5

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  6. 6

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  7. 7

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  8. 8

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  9. 9

    小出恵介も涙…“しくじり芸能人”救う明石家さんまの名言

  10. 10

    石破茂氏はどこへ…悲愴の派閥会長辞任から立て直せるのか

もっと見る