全国各地に名所あり なぜ街路樹はイチョウが多いのか?

公開日:

 秋も深まり、イチョウの木も鮮やかに色づき始めた。イチョウといえば街路樹のイメージだ。実際、「東京都の木」にも選ばれるなど、都民は特に印象深いだろう。全国的にも北海道大学や大阪の御堂筋、鹿児島の垂水など、各地にイチョウ並木の名所がある。それにしても、街路樹はなぜイチョウなのか。東京都の担当者に聞いた。

「確かにイチョウは1966年にハガキによる一般投票で、都の木に選ばれています。2位はケヤキ、3位はソメイヨシノでした。しかし、街路樹で今一番多いのはイチョウではなく、ハナミズキなんです」

 えっ、そうなの。現在、都の街路樹は101万本余り(中木・高木のみ。サツキなどの低木は含まず)で、ハナミズキが最多の6.1%を占めるという。紅葉が目に鮮やかで花を咲かせる一方、成長しすぎずガードレールを傷めないなどのメリットがあるという。ハナミズキが街路樹本数1位に躍り出たのは2015年。それまで1位に君臨していたのが、イチョウだ。占有率にして0.1ポイント差で1位を譲ったとはいえ、今も2位をキープしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

もっと見る