44位「埼玉」 快晴日数が日本一で気分はいつもスッキリ

公開日:

 日本一、修学旅行生が来ない。観光名所や名物が少なく、県民自ら自虐的に「ダサいたま」と呼ぶのが埼玉県だ。

 しかし、この意見に猛烈に反論するのが、「すごいぞ!埼玉」をアピールする埼玉県県民生活部の魅力発信担当者。

「埼玉県には数多くの日本一があり、真っ先に思い浮かぶのが、快晴日数です。埼玉県は7年連続で全国1位を継続中で、農作物の収穫量や太陽光発電の導入件数にも影響を与えています。さらに、晴れの日が多いことにより、大規模な物流拠点も集中。お天気がいいので、気分的にもよい」

 2015年の快晴日数は55日。2位は宮崎県の53日で、太陽の国・宮崎のお株を奪う。ちなみに、深谷ねぎが最もおいしくなる「秋冬ねぎ」の収穫量は4万8000トンで日本一。太陽光パネルの設置数は、愛知県に次ぐ2位だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る