44位「埼玉」 快晴日数が日本一で気分はいつもスッキリ

公開日: 更新日:

 日本一、修学旅行生が来ない。観光名所や名物が少なく、県民自ら自虐的に「ダサいたま」と呼ぶのが埼玉県だ。

 しかし、この意見に猛烈に反論するのが、「すごいぞ!埼玉」をアピールする埼玉県県民生活部の魅力発信担当者。

「埼玉県には数多くの日本一があり、真っ先に思い浮かぶのが、快晴日数です。埼玉県は7年連続で全国1位を継続中で、農作物の収穫量や太陽光発電の導入件数にも影響を与えています。さらに、晴れの日が多いことにより、大規模な物流拠点も集中。お天気がいいので、気分的にもよい」

 2015年の快晴日数は55日。2位は宮崎県の53日で、太陽の国・宮崎のお株を奪う。ちなみに、深谷ねぎが最もおいしくなる「秋冬ねぎ」の収穫量は4万8000トンで日本一。太陽光パネルの設置数は、愛知県に次ぐ2位だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パナマ文書に義姉会社 加藤厚労相とベネッセ“奇怪な関係”

  2. 2

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  3. 3

    ロッテ1位・佐々木朗希<1>野球経験なしの父が放った本塁打

  4. 4

    東大が方針転換 英語民間試験に突き付けた「NO!」の波紋

  5. 5

    日本はもはや国の体をなしていないことを実感した1カ月

  6. 6

    レンタルなんもしない人 森本祥司さん<1>流されて会社員に

  7. 7

    亡き“パパ”の古い携帯番号に4年間報告し続けたら返信が!

  8. 8

    時代の流れに逆行…花形種目のマラソンが五輪から消える日

  9. 9

    ロッテ1位・佐々木朗希<2>母は女手一つで息子3人を育てた

  10. 10

    渥美清<前編>“飴屋横丁”で働き身につけた寅さんの売り口上

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る