• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

男性も乾燥肌対策 3000円の高級用化粧品がバカ売れ

 気温低下か、それとも冬の到来そのものが影響か。この季節、乾燥肌で悩むサラリーマンは少なくない。

「先月くらいから、ひざから下が前も後ろもかゆいんです。夕方くらいになると、くるぶしの上側15センチくらいがチクチクしてひどい。かき過ぎると、ツメでかいた痕が白く線になるばかりか、出血するところもある。寝ていてもガマンできずに両足をこすり付けることもあります」

 こう告白するのは、50代のサラリーマン。3、4年前からこの症状が出始めた。妻に相談すると、「乾燥肌ね」と言われ、500円台のボディークリームが手放せない存在になっているという。

 葛飾区内にある大手ドラッグストアの登録販売者がこう言う。

「たしかに乾燥肌の男性は増えています。30代から50代まで年齢は幅広い。“主人が脚がかゆい……”と、奥さんがクリームを買いに来るケースも多い。症状にもよりますが、初期のうちなら薬より化粧品を先に勧めます。500円台のクリームも悪くはありませんが、アベンヌの全身用保湿クリームや、リサージの男性用ボディークリームの方がずっといい。実際、売れていますよ。保湿成分が含まれていて、つけた後のしっとり感がまるで違います。店頭で症状をよく相談してください」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  8. 8

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  9. 9

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

  10. 10

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

もっと見る