男性も乾燥肌対策 3000円の高級用化粧品がバカ売れ

公開日:

 気温低下か、それとも冬の到来そのものが影響か。この季節、乾燥肌で悩むサラリーマンは少なくない。

「先月くらいから、ひざから下が前も後ろもかゆいんです。夕方くらいになると、くるぶしの上側15センチくらいがチクチクしてひどい。かき過ぎると、ツメでかいた痕が白く線になるばかりか、出血するところもある。寝ていてもガマンできずに両足をこすり付けることもあります」

 こう告白するのは、50代のサラリーマン。3、4年前からこの症状が出始めた。妻に相談すると、「乾燥肌ね」と言われ、500円台のボディークリームが手放せない存在になっているという。

 葛飾区内にある大手ドラッグストアの登録販売者がこう言う。

「たしかに乾燥肌の男性は増えています。30代から50代まで年齢は幅広い。“主人が脚がかゆい……”と、奥さんがクリームを買いに来るケースも多い。症状にもよりますが、初期のうちなら薬より化粧品を先に勧めます。500円台のクリームも悪くはありませんが、アベンヌの全身用保湿クリームや、リサージの男性用ボディークリームの方がずっといい。実際、売れていますよ。保湿成分が含まれていて、つけた後のしっとり感がまるで違います。店頭で症状をよく相談してください」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る