• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

経済損失は6兆円…“九州よりも広い”所有者不明地の活用法

 数兆円規模のビジネスだ――。5日、国交省が所有者不明地を利用できるようにする新法の骨子を固めた。公園やイベント広場など公共性のある事業を想定し、5年以上の利用権を設定。所有者が現れて明け渡しを求めた場合、原則、期間終了後に土地を使う前の状態に戻し返却する。2019年度からの実現を目指すというが、そんなにモタモタしていていいのか。驚くのが不明地の面積だ。

 所有者不明土地問題研究会によると、長年相続登記されず、所有者が分からない土地が、全国の20.3%。面積にすると九州より広い410万ヘクタールにもなる。

 領土の2割を他国に侵略され、支配されたら大騒ぎだろう。所有者不明地も手が出せないわけだから“支配が及ばない”という意味では同じだ。いや、他国なら文句も言えるが、所有者不明地では、相手の顔すら見えない。タチが悪過ぎる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

  10. 10

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

もっと見る