経済損失は6兆円…“九州よりも広い”所有者不明地の活用法

公開日:

 数兆円規模のビジネスだ――。5日、国交省が所有者不明地を利用できるようにする新法の骨子を固めた。公園やイベント広場など公共性のある事業を想定し、5年以上の利用権を設定。所有者が現れて明け渡しを求めた場合、原則、期間終了後に土地を使う前の状態に戻し返却する。2019年度からの実現を目指すというが、そんなにモタモタしていていいのか。驚くのが不明地の面積だ。

 所有者不明土地問題研究会によると、長年相続登記されず、所有者が分からない土地が、全国の20.3%。面積にすると九州より広い410万ヘクタールにもなる。

 領土の2割を他国に侵略され、支配されたら大騒ぎだろう。所有者不明地も手が出せないわけだから“支配が及ばない”という意味では同じだ。いや、他国なら文句も言えるが、所有者不明地では、相手の顔すら見えない。タチが悪過ぎる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る