• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

経済損失は6兆円…“九州よりも広い”所有者不明地の活用法

 数兆円規模のビジネスだ――。5日、国交省が所有者不明地を利用できるようにする新法の骨子を固めた。公園やイベント広場など公共性のある事業を想定し、5年以上の利用権を設定。所有者が現れて明け渡しを求めた場合、原則、期間終了後に土地を使う前の状態に戻し返却する。2019年度からの実現を目指すというが、そんなにモタモタしていていいのか。驚くのが不明地の面積だ。

 所有者不明土地問題研究会によると、長年相続登記されず、所有者が分からない土地が、全国の20.3%。面積にすると九州より広い410万ヘクタールにもなる。

 領土の2割を他国に侵略され、支配されたら大騒ぎだろう。所有者不明地も手が出せないわけだから“支配が及ばない”という意味では同じだ。いや、他国なら文句も言えるが、所有者不明地では、相手の顔すら見えない。タチが悪過ぎる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  3. 3

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

  8. 8

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

もっと見る