【掃除機】3LDK以上はロボットとスティックを組み合わせ

公開日:

 ルンバに代表されるロボット掃除機が上陸したのは2004年。それから13年が過ぎたが、普及率は4%程度。ハイテク掃除機の認知度は高まっていても、実際に使うかというとそうでもないらしい。一方、昔ながらのキャニスタータイプは、少しずつ販売台数を減らしている。現在は、ハンディークリーナーやスティックタイプが人気だ。

 では、買い替えるなら何を買えばいいか。家電ライター・小口覺氏はこうアドバイスする。

「3LDK以上の家庭なら、スティックタイプとロボット掃除機の組み合わせが便利です。ワンルームや1Kくらいまでなら、スティックタイプのみで十分でしょう」

 スティックタイプ掃除機は数千円で買えるものが多く、手ごろな上、コードレスが一般化。コンセントを気にすることなく、気楽に掃除するにはうってつけだ。

「ロボット掃除機でも、スティックタイプでも、床を掃除する前には、モノを片付けなければいけません。床面積が広く、モノが散らばっていないところはロボット掃除機に任せ、ゴチャゴチャした部屋はモノを片付けて移動しながらスティックタイプを使うのが効率的です。人があまり歩かない部分は、ホコリがたまるので、そこはロボット掃除機の出番ですね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

もっと見る