• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【掃除機】3LDK以上はロボットとスティックを組み合わせ

 ルンバに代表されるロボット掃除機が上陸したのは2004年。それから13年が過ぎたが、普及率は4%程度。ハイテク掃除機の認知度は高まっていても、実際に使うかというとそうでもないらしい。一方、昔ながらのキャニスタータイプは、少しずつ販売台数を減らしている。現在は、ハンディークリーナーやスティックタイプが人気だ。

 では、買い替えるなら何を買えばいいか。家電ライター・小口覺氏はこうアドバイスする。

「3LDK以上の家庭なら、スティックタイプとロボット掃除機の組み合わせが便利です。ワンルームや1Kくらいまでなら、スティックタイプのみで十分でしょう」

 スティックタイプ掃除機は数千円で買えるものが多く、手ごろな上、コードレスが一般化。コンセントを気にすることなく、気楽に掃除するにはうってつけだ。

「ロボット掃除機でも、スティックタイプでも、床を掃除する前には、モノを片付けなければいけません。床面積が広く、モノが散らばっていないところはロボット掃除機に任せ、ゴチャゴチャした部屋はモノを片付けて移動しながらスティックタイプを使うのが効率的です。人があまり歩かない部分は、ホコリがたまるので、そこはロボット掃除機の出番ですね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  3. 3

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  4. 4

    AKB総選挙1位でも 松井珠理奈に課せられる“ヒールの宿命”

  5. 5

    夫がキャディーに…横峯さくらは“内情の功”シード復活の糧

  6. 6

    モリカケ潰しと国威発揚 安倍政権がほくそ笑む“W杯狂騒”

  7. 7

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  8. 8

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  9. 9

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  10. 10

    6年ぶりV逃した有村智恵の衰え…再三のチャンス決められず

もっと見る