【掃除機】3LDK以上はロボットとスティックを組み合わせ

公開日: 更新日:

 ルンバに代表されるロボット掃除機が上陸したのは2004年。それから13年が過ぎたが、普及率は4%程度。ハイテク掃除機の認知度は高まっていても、実際に使うかというとそうでもないらしい。一方、昔ながらのキャニスタータイプは、少しずつ販売台数を減らしている。現在は、ハンディークリーナーやスティックタイプが人気だ。

 では、買い替えるなら何を買えばいいか。家電ライター・小口覺氏はこうアドバイスする。

「3LDK以上の家庭なら、スティックタイプとロボット掃除機の組み合わせが便利です。ワンルームや1Kくらいまでなら、スティックタイプのみで十分でしょう」

 スティックタイプ掃除機は数千円で買えるものが多く、手ごろな上、コードレスが一般化。コンセントを気にすることなく、気楽に掃除するにはうってつけだ。

「ロボット掃除機でも、スティックタイプでも、床を掃除する前には、モノを片付けなければいけません。床面積が広く、モノが散らばっていないところはロボット掃除機に任せ、ゴチャゴチャした部屋はモノを片付けて移動しながらスティックタイプを使うのが効率的です。人があまり歩かない部分は、ホコリがたまるので、そこはロボット掃除機の出番ですね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  3. 3

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  4. 4

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  5. 5

    ロンブー淳が明かす「山本太郎に口説かれたこともある」

  6. 6

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  7. 7

    元ワンギャル須之内美帆子さんがマレーシアに移住したワケ

  8. 8

    タレント松尾伴内さんの念願はNY生活 28歳の頃からの憧れ

  9. 9

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  10. 10

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る