日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

老舗魚屋に郷土料理 青森・津軽地方“うまいもん”をめぐる

「最初は神経締めを漁師さんに全く受け入れてもらえなかった」と、塩谷さんと滝沢さんは笑う。通った浜にキーマンの漁師がいた。拒否感を示す漁師との橋渡しをしてくれた。「俺たちのためにやってくれてんだろ!」と怒ってくれた。彼は、「〆師会」がいよいよ本格始動という時、海に落ちて亡くなった。

「〆師会の永久欠番。彼の気持ちもずっと伝えていく」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事