• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

イージス艦「あたご」衝突事故<2>乗員たちは酒盛りしていない

 護衛艦「あたご」漁船衝突事故から10年――。事故後、"刑事被告人"となった2士官たちは無罪判決により、現在は共に2等海佐へ昇進。それぞれ艦乗り、研究者として活躍中だ。今回、研究者の道に進んだ後瀉2佐が事故のその後を語った。

 後瀉2佐は、関西の名門、灘高から防衛大へ。海自入隊後、艦艇畑の士官として順調にキャリアを築いていた。しかし、事故により「停職20日(後に同1日に見直し)」の処分を受けた。

 復職後は艦を降り、政策研究大学院大学で博士号を取得。現在は、海自幹部学校教官を勤める傍ら、慶大非常勤講師の肩書も持つ。取材を申し込んだが、組織を通じては断られた。

 だが元乗員たちの「世間に正しく伝えてくれるのは後瀉元航海長しかいない」との声を受けて、滞在先のオーストラリアで我々の直撃に応じた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る