イージス艦「あたご」衝突事故<2>乗員たちは酒盛りしていない

公開日:  更新日:

 護衛艦「あたご」漁船衝突事故から10年――。事故後、"刑事被告人"となった2士官たちは無罪判決により、現在は共に2等海佐へ昇進。それぞれ艦乗り、研究者として活躍中だ。今回、研究者の道に進んだ後瀉2佐が事故のその後を語った。

 後瀉2佐は、関西の名門、灘高から防衛大へ。海自入隊後、艦艇畑の士官として順調にキャリアを築いていた。しかし、事故により「停職20日(後に同1日に見直し)」の処分を受けた。

 復職後は艦を降り、政策研究大学院大学で博士号を取得。現在は、海自幹部学校教官を勤める傍ら、慶大非常勤講師の肩書も持つ。取材を申し込んだが、組織を通じては断られた。

 だが元乗員たちの「世間に正しく伝えてくれるのは後瀉元航海長しかいない」との声を受けて、滞在先のオーストラリアで我々の直撃に応じた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る