元労働大臣・山口敏夫氏 2信組破綻事件を振り返る

公開日: 更新日:

 バブルの崩壊に伴い、1994年に東京協和信用組合と安全信用組合の2信用組合が経営破綻に陥った。元理事らの逮捕後、捜査の過程で罪に問われたのが元労働大臣の山口敏夫氏(77)。「政界の牛若丸」なんて呼ばれたこともあったが、2006年に懲役3年6月の実刑が確定。釈放後の16年には東京都知事選にも出馬した。

「転落した自覚がないんだけど、滑って転んだくらい。バブル経済の崩壊という日本の戦後史の大きな事件の中で、私自身がこういう役をふり当てられたんだなというそんな気分で、大きなショックだとか、悲観的な捉え方は当時も今もないですよ」

 内需拡大の大号令がかかっていた80年代の半ばに労働大臣を務め、経済通として知られた渡辺美智雄元副総理の右腕として政策の中心にいた。

「三重野日銀総裁(当時)が打ちだしたバラまき政策で、“お金の使い方ゲーム”みたいな時代が2~3年続いた。私はこの“狂乱時代”を入り口から知っていて、政策実行者でもある。いよいよ崩壊となったときも、事態を終結すべく、与党の調査メンバーの中心として、バブル経済の追跡をしていました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  2. 2

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  3. 3

    眞子さま最終手段「一時金」辞退…それでも小室さんは愛を貫ける

  4. 4

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  5. 5

    石橋貴明“オワコン老害”が一転 YouTube勝ち組に豹変の戦略

  6. 6

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  7. 7

    スギ薬局会長にワクチン優先予約 市が“特別扱い”した理由

  8. 8

    ワクチン大規模接種センター 旅行代理店に業務委託のナゼ

  9. 9

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  10. 10

    高橋洋一氏“さざ波”で炎上 エリートほど不用意発言のワケ

もっと見る