元労働大臣・山口敏夫氏 2信組破綻事件を振り返る

公開日: 更新日:

 バブルの崩壊に伴い、1994年に東京協和信用組合と安全信用組合の2信用組合が経営破綻に陥った。元理事らの逮捕後、捜査の過程で罪に問われたのが元労働大臣の山口敏夫氏(77)。「政界の牛若丸」なんて呼ばれたこともあったが、2006年に懲役3年6月の実刑が確定。釈放後の16年には東京都知事選にも出馬した。

「転落した自覚がないんだけど、滑って転んだくらい。バブル経済の崩壊という日本の戦後史の大きな事件の中で、私自身がこういう役をふり当てられたんだなというそんな気分で、大きなショックだとか、悲観的な捉え方は当時も今もないですよ」

 内需拡大の大号令がかかっていた80年代の半ばに労働大臣を務め、経済通として知られた渡辺美智雄元副総理の右腕として政策の中心にいた。

「三重野日銀総裁(当時)が打ちだしたバラまき政策で、“お金の使い方ゲーム”みたいな時代が2~3年続いた。私はこの“狂乱時代”を入り口から知っていて、政策実行者でもある。いよいよ崩壊となったときも、事態を終結すべく、与党の調査メンバーの中心として、バブル経済の追跡をしていました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  2. 2

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  3. 3

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  4. 4

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  5. 5

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  6. 6

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  7. 7

    コロナ対策の休業補償 あからさまな夜職差別に批判殺到

  8. 8

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  9. 9

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  10. 10

    長女も高級ブランド路線…工藤静香に指摘される“バブル臭”

もっと見る