元労働大臣・山口敏夫氏 2信組破綻事件を振り返る

公開日:  更新日:

 バブルの崩壊に伴い、1994年に東京協和信用組合と安全信用組合の2信用組合が経営破綻に陥った。元理事らの逮捕後、捜査の過程で罪に問われたのが元労働大臣の山口敏夫氏(77)。「政界の牛若丸」なんて呼ばれたこともあったが、2006年に懲役3年6月の実刑が確定。釈放後の16年には東京都知事選にも出馬した。

「転落した自覚がないんだけど、滑って転んだくらい。バブル経済の崩壊という日本の戦後史の大きな事件の中で、私自身がこういう役をふり当てられたんだなというそんな気分で、大きなショックだとか、悲観的な捉え方は当時も今もないですよ」

 内需拡大の大号令がかかっていた80年代の半ばに労働大臣を務め、経済通として知られた渡辺美智雄元副総理の右腕として政策の中心にいた。

「三重野日銀総裁(当時)が打ちだしたバラまき政策で、“お金の使い方ゲーム”みたいな時代が2~3年続いた。私はこの“狂乱時代”を入り口から知っていて、政策実行者でもある。いよいよ崩壊となったときも、事態を終結すべく、与党の調査メンバーの中心として、バブル経済の追跡をしていました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

もっと見る