• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

通販の“勝負下着”で大阪超え 高知の女性の意外な派手好き

「いざ勝負!」と、女性の服をヒラリ、ハラリとはぎ取ったら、母親が身に着けるような渋いブラジャー、パンティーで……。

 オトコならだれしも、女性の下着にゲンナリした経験はあるだろう。「勝負下着」は、男女の雰囲気を盛り上げる大事なアイテムだが、その力の入れようも地域差があるようだ。

 ジャドマ通販研究所の調査によると、通販で下着を購入する女性のうち、勝負下着の購入者の割合が最も高いのは高知県で、なんと、過半数(53.8%)がそうだった。全国平均は28.4%だから、高知県の女性は倍近くという結果。土佐のオンナは、そんなに下着が派手なのか。

 ナンバーワン戦略研究所の矢野新一所長は、「高知県の女性は『はちきん』といわれます。土佐弁で男勝り。おてんばで行動力もあり、4人の男を同時に手玉に取れるともいわれます。情熱的で恋愛体質なタイプが多いので飽きさせない。勝負下着も高級なものをそろえ、種類も豊富な傾向にあります」と言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  3. 3

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  4. 4

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    前川清さん語る運の尽き 演歌界の“酒豪四天王”に誘われて

  7. 7

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  8. 8

    5歳児虐待死も 連れ子のいる女性が再婚相手の子を望む心理

  9. 9

    東西約300人が在籍 ジャニーズJrは“大人以上に遊んでいる”

  10. 10

    目黒5歳女児も 学歴コンプレックスの親がハマる“教育虐待”

もっと見る