通販の“勝負下着”で大阪超え 高知の女性の意外な派手好き

公開日: 更新日:

「いざ勝負!」と、女性の服をヒラリ、ハラリとはぎ取ったら、母親が身に着けるような渋いブラジャー、パンティーで……。

 オトコならだれしも、女性の下着にゲンナリした経験はあるだろう。「勝負下着」は、男女の雰囲気を盛り上げる大事なアイテムだが、その力の入れようも地域差があるようだ。

 ジャドマ通販研究所の調査によると、通販で下着を購入する女性のうち、勝負下着の購入者の割合が最も高いのは高知県で、なんと、過半数(53.8%)がそうだった。全国平均は28.4%だから、高知県の女性は倍近くという結果。土佐のオンナは、そんなに下着が派手なのか。

 ナンバーワン戦略研究所の矢野新一所長は、「高知県の女性は『はちきん』といわれます。土佐弁で男勝り。おてんばで行動力もあり、4人の男を同時に手玉に取れるともいわれます。情熱的で恋愛体質なタイプが多いので飽きさせない。勝負下着も高級なものをそろえ、種類も豊富な傾向にあります」と言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  5. 5

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  6. 6

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  7. 7

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  8. 8

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  9. 9

    遠のく錦織GS制覇…稚拙なチームとマネジメントに疑問の声

  10. 10

    嵐活動休止で次なる独立&解散は「関ジャニ」か「KinKi」か

もっと見る