• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

通販の“勝負下着”で大阪超え 高知の女性の意外な派手好き

「いざ勝負!」と、女性の服をヒラリ、ハラリとはぎ取ったら、母親が身に着けるような渋いブラジャー、パンティーで……。

 オトコならだれしも、女性の下着にゲンナリした経験はあるだろう。「勝負下着」は、男女の雰囲気を盛り上げる大事なアイテムだが、その力の入れようも地域差があるようだ。

 ジャドマ通販研究所の調査によると、通販で下着を購入する女性のうち、勝負下着の購入者の割合が最も高いのは高知県で、なんと、過半数(53.8%)がそうだった。全国平均は28.4%だから、高知県の女性は倍近くという結果。土佐のオンナは、そんなに下着が派手なのか。

 ナンバーワン戦略研究所の矢野新一所長は、「高知県の女性は『はちきん』といわれます。土佐弁で男勝り。おてんばで行動力もあり、4人の男を同時に手玉に取れるともいわれます。情熱的で恋愛体質なタイプが多いので飽きさせない。勝負下着も高級なものをそろえ、種類も豊富な傾向にあります」と言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  4. 4

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  5. 5

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  6. 6

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  9. 9

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  10. 10

    うつ男性に「一歩ずつ」…シュワちゃん“神対応”に絶賛の嵐

もっと見る