人命救助も「女性下りて」 土俵はなぜ女人禁制になったか

公開日: 更新日:

 舞鶴市の大相撲巡業で多々見良三市長(67)が倒れ、複数の女性が救護に駆け付けた一件。「女性の方は土俵から下りてください」との場内放送が流れたため、相撲協会の八角理事長が「人命にかかわる状況には不適切な対応でした。深くお詫び申し上げます」との謝罪コメントを出す騒ぎになった。

 昔から相撲の土俵は「女人禁制」、つまり女性が上がってはならないとされている。

 過去に太田房江大阪府知事(当時)や森山真弓官房長官(当時)が土俵で表彰杯を授与したいと申し出たが、いずれも拒絶された。今回の場内アナウンスはそうした伝統を守るためだったようだ。

 女性が土俵に上がれない理由は、昔から「女は穢れている」という概念があるからだ。男性が神輿をかつぐ前に女性に触れるのを不吉とするお祭りもある。なぜ女性は穢れているとされるのか。歴史作家の加来耕三氏に聞いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  2. 2

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  3. 3

    小室圭さん不信を生んだ「婚約内定」発覚翌日の不可解行動

  4. 4

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  5. 5

    巨人あるか今季2度目の“粛清人事”…阪神に惨敗で3位に転落

  6. 6

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  7. 7

    巨人66億円FA組と新助っ人総崩れ…原監督が引導渡される日

  8. 8

    眞子さま“10月婚”諦めず…小室さんとの新居購入が困難な訳

  9. 9

    熊田曜子の離婚は成立するのか?DVに詳しい弁護士に聞いた

  10. 10

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

もっと見る