人命救助も「女性下りて」 土俵はなぜ女人禁制になったか

公開日: 更新日:

 舞鶴市の大相撲巡業で多々見良三市長(67)が倒れ、複数の女性が救護に駆け付けた一件。「女性の方は土俵から下りてください」との場内放送が流れたため、相撲協会の八角理事長が「人命にかかわる状況には不適切な対応でした。深くお詫び申し上げます」との謝罪コメントを出す騒ぎになった。

 昔から相撲の土俵は「女人禁制」、つまり女性が上がってはならないとされている。

 過去に太田房江大阪府知事(当時)や森山真弓官房長官(当時)が土俵で表彰杯を授与したいと申し出たが、いずれも拒絶された。今回の場内アナウンスはそうした伝統を守るためだったようだ。

 女性が土俵に上がれない理由は、昔から「女は穢れている」という概念があるからだ。男性が神輿をかつぐ前に女性に触れるのを不吉とするお祭りもある。なぜ女性は穢れているとされるのか。歴史作家の加来耕三氏に聞いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    抗議デモの最中に…シレッとケーキ泥棒の女の動画が人気に

  2. 2

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  3. 3

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  4. 4

    コロナ禍で…世界トップレベルの下着モデルが農村でバイト

  5. 5

    給付金利権の闇 違法団体だったサ推協と経産省疑惑の人物

  6. 6

    京アニ放火犯を救った1000万円の治療費 誰が負担するのか

  7. 7

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  8. 8

    小池都知事の次なる敵は…新宿・歌舞伎町“殲滅”の危うさ

  9. 9

    河野氏の野暮すぎる変節 ブルーインパルス発案明言で露呈

  10. 10

    一人暮らしをする実母の通い介護で毎月赤字&預金減少に…

もっと見る