愛の告白に積極的 「山梨県の女性」がダントツの深いワケ

公開日:  更新日:

 山梨オンナは恋に情熱的――。こんな調査結果が注目されている。

 ソニー生命保険が毎年実施している「47都道府県別生活意識調査2018」で、今回から恋愛観に関する質問が追加された。恋愛の告白について「自分から告白するほう」と答えた女性は全国平均が19・4%。1位は山梨の34%だった。2位は茨城、群馬、埼玉、東京、兵庫の5都県でいずれも26%。山梨の女性は群を抜いて積極的だ。なぜなのか。

 県民性に詳しい「ナンバーワン戦略研究所」の矢野新一氏が言う。

「山梨は平地が少ないので、男子が多数生まれると土地を奪い合わないよう次男、三男は県外に出ます。女性は彼らが去っていく前に告白してつなぎ留めておこうと考えるのです。また、山梨は七五三のときにホテルを借りて子どものパーティーを開くことからも分かるように見えっ張り。だから女子は幼時から親に『いい男を早く捕まえなさい』と教えられます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  8. 8

    赤っ恥最下位で阪神OBが提言「大山を4番三塁に固定して」

  9. 9

    手当削減で高給に陰り…セールスポイント失った銀行の惨状

  10. 10

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

もっと見る