愛の告白に積極的 「山梨県の女性」がダントツの深いワケ

公開日:  更新日:

 山梨オンナは恋に情熱的――。こんな調査結果が注目されている。

 ソニー生命保険が毎年実施している「47都道府県別生活意識調査2018」で、今回から恋愛観に関する質問が追加された。恋愛の告白について「自分から告白するほう」と答えた女性は全国平均が19・4%。1位は山梨の34%だった。2位は茨城、群馬、埼玉、東京、兵庫の5都県でいずれも26%。山梨の女性は群を抜いて積極的だ。なぜなのか。

 県民性に詳しい「ナンバーワン戦略研究所」の矢野新一氏が言う。

「山梨は平地が少ないので、男子が多数生まれると土地を奪い合わないよう次男、三男は県外に出ます。女性は彼らが去っていく前に告白してつなぎ留めておこうと考えるのです。また、山梨は七五三のときにホテルを借りて子どものパーティーを開くことからも分かるように見えっ張り。だから女子は幼時から親に『いい男を早く捕まえなさい』と教えられます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

もっと見る