ゴーンが成功してマクドナルドの女性社長がつまづいた理由

公開日: 更新日:

 そんな上から目線のフランス人と日本人は、そもそも民族的に協調できない関係ではないか。

「いえ、日産自動車カルロス・ゴーン会長(64)は日本で成功を収めました。ゴーン氏も海外(ブラジル)育ちで後にフランス人になったという点でハリルホジッチ氏と経歴は同じですが、ゴーン氏は来日直後にホンダの販社であるホンダクリオ新神奈川を真っ先に見学。日本から学ぼうという姿勢がありました。今でこそ日本は『クールジャパン』と世界に認められていますが、20年前は“過労死”など奇異な国民に見られていた。結局、外国人が海外で仕事をしようと思ったら、その国の文化・伝統・風習・習慣をどれほど理解するかにかかっています」

 こう話すのは、「シズラーステーキハウス」や「東京ディズニーランド」で創業メンバーとして活躍したマネジメント&ネットワークオフィス代表の小松田勝氏だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    30万円給付は7月? 安倍政権「コロナ補償」に悪評ふんぷん

  2. 2

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  3. 3

    「スカーレット」“老け演技”で見せつけた俳優マギーの底力

  4. 4

    ドアノブや貨幣…物質表面でのウイルスの生存期間は?

  5. 5

    緊急経済対策 中小企業向け特別融資「貸し渋り」の実態

  6. 6

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  7. 7

    安倍首相「緊急事態宣言」なぜ国民の心に響かなかったのか

  8. 8

    河井前法相が自ら20万円を 現職議員が“実弾”手渡せた理由

  9. 9

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  10. 10

    まるで竹槍持たされて本土決戦に臨む戦争末期の日本と同じ

もっと見る