オフ時間に外国人と関係を深めるにはどうすればいいのか

公開日: 更新日:

差しつ差されつの文化はない

 人材サービスのアデコが常勤で働く外国人に「職場環境についての印象」を聞いた調査によると、約3割が「飲み会や親睦会など業務外のイベントが煩わしい」と回答していた。

 欧米出身のビジネスマンは、同僚と飲んだり、取引先を接待したりといった習慣がない。それよりも家族との時間を大事にし、休暇もキッチリ取る。彼らとアフターファイブや休日を使って関係を深めるには、どんな仕掛けが必要なのか。

 まず知っておきたいのは酒席でのマナーの違いだ。30カ国以上、海外を取材してきた旅行ライターの渡辺輝乃氏が言う。

「欧米の人たちは酒をサーブするのはお店の役割だと考えています。実際に私が滞在していたカナダでは、“お酒をついで、つがれて”という文化はありませんでした。ホームパーティーやバーべキューでは最初の1杯はホストがサーブしても、次からはセルフが基本。お酒は自分で飲む量を決めるという考えです。だから、英国風パブの『HUB』のように、カウンターまで飲み物や食べ物を取りに行って支払いもその場というキャッシュオンスタイルが好まれます。日本人が気をまわしてお酌をしたり、空になったグラスを見て次々注文したりするのは、感謝される行為ではないのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  2. 2

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  3. 3

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  4. 4

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  5. 5

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  6. 6

    ぐずる赤ん坊と警察官…ほのぼの写真が全米に拡散したワケ

  7. 7

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  8. 8

    竹田恒泰氏「天皇は親戚」発言をこのまま許していいのか?

  9. 9

    生田斗真も結婚近い? 交際4年・清野菜名の舞台を2度観劇

  10. 10

    体づくりに強い拘り 佐々木の“ハードル”に尻込み球団続出

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る