しりあがり寿さん<5>“一番搾り”開発チームに呼ばれて

公開日:

 1985年に単行本を出した当時、しりあがりさんは朝霞に住んでいた。東武東上線で池袋までは漫画のことを考え、国鉄に乗り換えると仕事のことを考える――そんな日々だったと振り返る。

「平成元年だから89年かな。会社が多ブランド戦略を打ち出してスゴイ忙しい時期に、天皇が崩御し、ウチのオヤジも亡くなり、尊敬する手塚治虫まで死んじゃった。実家は商売をしていて、一瞬、会社を辞めようかと考えたこともあった。まさにそんなとき、新商品“一番搾り”の開発チームのメンバーとしてお声がかかった。“今度はラガーに負けないキリンの中心になる商品を作ろう――”と。面白そうで、辞めるわけにいかなくなっちゃった。中心メンバーには製造部門も営業もいて、全社一丸体制で意気込みはハンパじゃない。ボクはその外側でパッケージや宣伝を手伝うことになったんです」

 この時点では、「一番搾り」の名前はついていない。発売は翌90年。しりあがりさんは「ぜいたくで品がある白と金色を使ったパッケージを作る」ため、知恵を絞ったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る