しりあがり寿さん<5>“一番搾り”開発チームに呼ばれて

公開日: 更新日:

 1985年に単行本を出した当時、しりあがりさんは朝霞に住んでいた。東武東上線で池袋までは漫画のことを考え、国鉄に乗り換えると仕事のことを考える――そんな日々だったと振り返る。

「平成元年だから89年かな。会社が多ブランド戦略を打ち出してスゴイ忙しい時期に、天皇が崩御し、ウチのオヤジも亡くなり、尊敬する手塚治虫まで死んじゃった。実家は商売をしていて、一瞬、会社を辞めようかと考えたこともあった。まさにそんなとき、新商品“一番搾り”の開発チームのメンバーとしてお声がかかった。“今度はラガーに負けないキリンの中心になる商品を作ろう――”と。面白そうで、辞めるわけにいかなくなっちゃった。中心メンバーには製造部門も営業もいて、全社一丸体制で意気込みはハンパじゃない。ボクはその外側でパッケージや宣伝を手伝うことになったんです」

 この時点では、「一番搾り」の名前はついていない。発売は翌90年。しりあがりさんは「ぜいたくで品がある白と金色を使ったパッケージを作る」ため、知恵を絞ったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「麒麟がくる」放送再開も苦戦 関係者が明かす“3つの要因”

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  4. 4

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  5. 5

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  6. 6

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  7. 7

    元祖ビジュアル系 ジュリーの化粧に賛否両論が巻き起こる

  8. 8

    劇場版「鬼滅の刃」公開 SNSの“負の側面”から広がった共感

  9. 9

    菅首相えげつない灰色“錬金術パーティー” 規正法に抵触か

  10. 10

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

もっと見る