スコットランド発 オモチャの海賊船が1年かけて大西洋横断

公開日:

 スコットランド北西部ピーターヘッドに住むオリー・ファーガソン君(8)と弟のハリー君(5)は昨年5月、独玩具メーカー「プレイモービル」の海賊船の模型を作り、近くの海岸から北海に流した。

 これだけならただの子供の遊びだが、「アドベンチャー号」と名付けられたこの海賊船には、兄弟の父親マクニールさんの手助けによって特殊な改造が施されている。転覆しないように「カウンターバランス」という重りが組み込まれ、内部には浮力を増すためにスチロール樹脂が詰め込まれ、ちょっとやそっとの嵐にあっても沈没しない。

 さらに「この船が漂着しているのを見つけた方はまた海に流してください」というメッセージが積み込まれているので、どこかの海岸に漂着しても、善意の人に発見されれば、航海は続くというわけだ。GPS信号を1日に2回発信する装置も組み込まれていて、ほぼ正確にアドベンチャー号の位置を把握できるようになっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  4. 4

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る