• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

スコットランド発 オモチャの海賊船が1年かけて大西洋横断

 スコットランド北西部ピーターヘッドに住むオリー・ファーガソン君(8)と弟のハリー君(5)は昨年5月、独玩具メーカー「プレイモービル」の海賊船の模型を作り、近くの海岸から北海に流した。

 これだけならただの子供の遊びだが、「アドベンチャー号」と名付けられたこの海賊船には、兄弟の父親マクニールさんの手助けによって特殊な改造が施されている。転覆しないように「カウンターバランス」という重りが組み込まれ、内部には浮力を増すためにスチロール樹脂が詰め込まれ、ちょっとやそっとの嵐にあっても沈没しない。

 さらに「この船が漂着しているのを見つけた方はまた海に流してください」というメッセージが積み込まれているので、どこかの海岸に漂着しても、善意の人に発見されれば、航海は続くというわけだ。GPS信号を1日に2回発信する装置も組み込まれていて、ほぼ正確にアドベンチャー号の位置を把握できるようになっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  7. 7

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  10. 10

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

もっと見る