スコットランド発 オモチャの海賊船が1年かけて大西洋横断

公開日:

 スコットランド北西部ピーターヘッドに住むオリー・ファーガソン君(8)と弟のハリー君(5)は昨年5月、独玩具メーカー「プレイモービル」の海賊船の模型を作り、近くの海岸から北海に流した。

 これだけならただの子供の遊びだが、「アドベンチャー号」と名付けられたこの海賊船には、兄弟の父親マクニールさんの手助けによって特殊な改造が施されている。転覆しないように「カウンターバランス」という重りが組み込まれ、内部には浮力を増すためにスチロール樹脂が詰め込まれ、ちょっとやそっとの嵐にあっても沈没しない。

 さらに「この船が漂着しているのを見つけた方はまた海に流してください」というメッセージが積み込まれているので、どこかの海岸に漂着しても、善意の人に発見されれば、航海は続くというわけだ。GPS信号を1日に2回発信する装置も組み込まれていて、ほぼ正確にアドベンチャー号の位置を把握できるようになっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る