• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

スコットランド発 オモチャの海賊船が1年かけて大西洋横断

 スコットランド北西部ピーターヘッドに住むオリー・ファーガソン君(8)と弟のハリー君(5)は昨年5月、独玩具メーカー「プレイモービル」の海賊船の模型を作り、近くの海岸から北海に流した。

 これだけならただの子供の遊びだが、「アドベンチャー号」と名付けられたこの海賊船には、兄弟の父親マクニールさんの手助けによって特殊な改造が施されている。転覆しないように「カウンターバランス」という重りが組み込まれ、内部には浮力を増すためにスチロール樹脂が詰め込まれ、ちょっとやそっとの嵐にあっても沈没しない。

 さらに「この船が漂着しているのを見つけた方はまた海に流してください」というメッセージが積み込まれているので、どこかの海岸に漂着しても、善意の人に発見されれば、航海は続くというわけだ。GPS信号を1日に2回発信する装置も組み込まれていて、ほぼ正確にアドベンチャー号の位置を把握できるようになっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    5歳児虐待死も 連れ子のいる女性が再婚相手の子を望む心理

  3. 3

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    東西約300人が在籍 ジャニーズJrは“大人以上に遊んでいる”

  6. 6

    目黒5歳女児も 学歴コンプレックスの親がハマる“教育虐待”

  7. 7

    金融緩和継続 欧米と金利差拡大で円&国債大暴落の現実味

  8. 8

    織田裕二のひと言で消えた「東京ラブストーリー」続編計画

  9. 9

    公式本も発売 空前ブーム「おっさんずラブ」に続編あるか

  10. 10

    写真誌に撮られた休日の有働アナに「私服がダサい」の声が

もっと見る