• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

最期は“無”に帰る 山折哲雄さんに聞く「ひとり」の生き方

投稿日:

 まずはひとり、自らのこころに立ち返れ――。宗教学者で思想家、山折哲雄さん(86)が著書「『ひとり』の哲学」(新潮選書)で唱える生き方は、そんな孤独のすすめだ。ついのすみかとする京都を訪ねた。

 ――そもそも「ひとり」とは何ですか。

「逆説的に聞こえるかもしれませんが、ひとりとは自然や他者とつながるための心構えです。万葉集を編纂した大伴家持の歌に『うらうらに照れる春日に 雲雀あがり 心悲しも ひとりし思へば』とあるように、ひとりはさみしい。柿本人麻呂も『あしびきの山鳥の尾のしだり尾の ながながし夜をひとりかも寝む』と詠んだように、秋の夜長をひとり過ごすのはどこかいたたまれない、苦痛すら感じますね。悲しみや痛みすら伴うけれど、そこでえいやっと腹をくくって耐えていると、相手を思いやるうちに時空を超えた世界が立ち上がります。この国のひとりには1000年の歴史がある」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  4. 4

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  5. 5

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  6. 6

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  7. 7

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  8. 8

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

もっと見る