最期は“無”に帰る 山折哲雄さんに聞く「ひとり」の生き方

公開日: 更新日:

 まずはひとり、自らのこころに立ち返れ――。宗教学者で思想家、山折哲雄さん(86)が著書「『ひとり』の哲学」(新潮選書)で唱える生き方は、そんな孤独のすすめだ。ついのすみかとする京都を訪ねた。

 ――そもそも「ひとり」とは何ですか。

「逆説的に聞こえるかもしれませんが、ひとりとは自然や他者とつながるための心構えです。万葉集を編纂した大伴家持の歌に『うらうらに照れる春日に 雲雀あがり 心悲しも ひとりし思へば』とあるように、ひとりはさみしい。柿本人麻呂も『あしびきの山鳥の尾のしだり尾の ながながし夜をひとりかも寝む』と詠んだように、秋の夜長をひとり過ごすのはどこかいたたまれない、苦痛すら感じますね。悲しみや痛みすら伴うけれど、そこでえいやっと腹をくくって耐えていると、相手を思いやるうちに時空を超えた世界が立ち上がります。この国のひとりには1000年の歴史がある」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    京大教授藤井聡氏 大阪都構想は維新への信任投票ではない

  2. 2

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  3. 3

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  4. 4

    菅政権が「年末年始17連休」正月休み拡大をブチ上げた狙い

  5. 5

    いしだ壱成さんが語る「生活保護不正受給疑惑」報道の真相

  6. 6

    タモリが「国民的スター」になる前の話 生き証人に聞いた

  7. 7

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  8. 8

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  9. 9

    焦るトランプ…フロリダ州で負ければ米大統領選はアウト

  10. 10

    岡村隆史は自称“風俗オタク”…結婚生活はうまくいくのか

もっと見る