最期は“無”に帰る 山折哲雄さんに聞く「ひとり」の生き方

公開日:

 まずはひとり、自らのこころに立ち返れ――。宗教学者で思想家、山折哲雄さん(86)が著書「『ひとり』の哲学」(新潮選書)で唱える生き方は、そんな孤独のすすめだ。ついのすみかとする京都を訪ねた。

 ――そもそも「ひとり」とは何ですか。

「逆説的に聞こえるかもしれませんが、ひとりとは自然や他者とつながるための心構えです。万葉集を編纂した大伴家持の歌に『うらうらに照れる春日に 雲雀あがり 心悲しも ひとりし思へば』とあるように、ひとりはさみしい。柿本人麻呂も『あしびきの山鳥の尾のしだり尾の ながながし夜をひとりかも寝む』と詠んだように、秋の夜長をひとり過ごすのはどこかいたたまれない、苦痛すら感じますね。悲しみや痛みすら伴うけれど、そこでえいやっと腹をくくって耐えていると、相手を思いやるうちに時空を超えた世界が立ち上がります。この国のひとりには1000年の歴史がある」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  4. 4

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  5. 5

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  6. 6

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  7. 7

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  8. 8

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  9. 9

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  10. 10

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

もっと見る