最期は“無”に帰る 山折哲雄さんに聞く「ひとり」の生き方

公開日:

 まずはひとり、自らのこころに立ち返れ――。宗教学者で思想家、山折哲雄さん(86)が著書「『ひとり』の哲学」(新潮選書)で唱える生き方は、そんな孤独のすすめだ。ついのすみかとする京都を訪ねた。

 ――そもそも「ひとり」とは何ですか。

「逆説的に聞こえるかもしれませんが、ひとりとは自然や他者とつながるための心構えです。万葉集を編纂した大伴家持の歌に『うらうらに照れる春日に 雲雀あがり 心悲しも ひとりし思へば』とあるように、ひとりはさみしい。柿本人麻呂も『あしびきの山鳥の尾のしだり尾の ながながし夜をひとりかも寝む』と詠んだように、秋の夜長をひとり過ごすのはどこかいたたまれない、苦痛すら感じますね。悲しみや痛みすら伴うけれど、そこでえいやっと腹をくくって耐えていると、相手を思いやるうちに時空を超えた世界が立ち上がります。この国のひとりには1000年の歴史がある」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る