NYで評判に ホームレス救済路上ライブ続けるNPOのモットー

公開日: 更新日:

 プロのミュージシャン、ウィリアム・ボヤジアンさんは1年ほど前、米ニューヨーク州北部の小さな町からニューヨーク市にやってきて、ホームレスの多さにショックを受けた。街行く人々は見慣れた光景のように無視していたが、ボヤジアンさんは「何か手助けができないだろうか」とあれこれ考えた結果、あることを実行し始めた。

 仕事が入っていない日に、ギターを持って地下鉄の駅に行き、投げ銭を受け取るためにギターケースを置き、弾き語りを始める。これだけなら普通の路上ライブだが、ボヤジアンさんはギターケースの横にこんなメッセージを掲げている。

「あなたがホームレスだったり、助けが必要ならば、このケースから必要な分だけ持っていってください。(私は演奏がしたいだけです)」

 3日付の米ネット新聞「グッドニューズネットワーク(GNN)」によると、通行人を楽しませるのと同時に、ホームレスに救いの手を差し伸べるこのチャリティー路上ライブは好評で、ボヤジアンさんはその後、さまざまなストリートパフォーマーと共に、「ホープフル・ケーシズ」というNPOを設立。現在は、常に2、3人のパフォーマーがチャリティー路上ライブを行っている状態だという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  2. 2

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  3. 3

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  4. 4

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  5. 5

    巨人にやっと1勝…阪神には落合博満のような“劇薬”が必要

  6. 6

    パCSファイナルで激突 西武とソフトBはFA戦線でも暗闘

  7. 7

    寝耳に水の「1位奥川」報道…G原監督“独善”でスカウト諦観

  8. 8

    予算委で露呈 想像を超えるオンポロ内閣、チンピラ答弁

  9. 9

    複数球団が熱視線 ソフトB福田がオフFA最大の目玉は本当か

  10. 10

    12球団OKと明言した大船渡・佐々木朗希の「意中の球団」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る