• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

NYで評判に ホームレス救済路上ライブ続けるNPOのモットー

 プロのミュージシャン、ウィリアム・ボヤジアンさんは1年ほど前、米ニューヨーク州北部の小さな町からニューヨーク市にやってきて、ホームレスの多さにショックを受けた。街行く人々は見慣れた光景のように無視していたが、ボヤジアンさんは「何か手助けができないだろうか」とあれこれ考えた結果、あることを実行し始めた。

 仕事が入っていない日に、ギターを持って地下鉄の駅に行き、投げ銭を受け取るためにギターケースを置き、弾き語りを始める。これだけなら普通の路上ライブだが、ボヤジアンさんはギターケースの横にこんなメッセージを掲げている。

「あなたがホームレスだったり、助けが必要ならば、このケースから必要な分だけ持っていってください。(私は演奏がしたいだけです)」

 3日付の米ネット新聞「グッドニューズネットワーク(GNN)」によると、通行人を楽しませるのと同時に、ホームレスに救いの手を差し伸べるこのチャリティー路上ライブは好評で、ボヤジアンさんはその後、さまざまなストリートパフォーマーと共に、「ホープフル・ケーシズ」というNPOを設立。現在は、常に2、3人のパフォーマーがチャリティー路上ライブを行っている状態だという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  6. 6

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  7. 7

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  8. 8

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  9. 9

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る