今夜はちょっとリッチに 産直鮮魚の個人宅配がプチブーム

公開日:

 20、30代のころ宴会といえば肉食派だったが、50前後ともなると“ウマい魚”派がジワリ増えてくる。たしかに、刺し身や焼き魚はオジサン世代の酒の肴(さかな)によく似合う。メニューに「××漁港直送」などと書かれていると、つい手が伸びてしまう。

 その一方で、最近は、“漁港直送”をうたった個人宅配が増えている。実際、ネットでちょっと調べてみると、すぐに3、4社ヒットした。いずれも、“漁師直送”“船上で生けシメ”などがウリで、1匹まるごとから刺し身用のブロックに加工された商品までさまざまだ。

 こうした業者のひとつで、長崎県の五島列島の産地直送を手掛ける「上五島SHOP」の営業担当、萩原孝一氏が言う。

「私たちは魚介はもちろん、五島の食品雑貨を扱うネットショップです。とくに魚には自信があります。市場や仲買を通さない産地直送のため鮮度は抜群。最近始めた、上五島の釣り人からの出張買い付けも好評です。ハイ、おそらく業界初の試みで、磯や船上で釣り上げた魚を買い付けに行って漁港のいけすに放し翌日発送します。いまの季節ならいいメジナが取れますよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  4. 4

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  5. 5

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る