• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ブリにサバ 大衆的な「魚の専門店」が出店ラッシュのワケ

 ウナギやフグの専門店はあったが、最近はマグロやブリ、アジ、サバなど大衆的な魚の専門店が目につく。ありふれた魚の店ながら、予約なしでは入れない店もあるほどの人気ぶりだ。なぜ魚の専門店がブームなのか。フードライターの浅野陽子氏に聞いた。

「近年の健康ブームで、魚を食べることによる健康効果が注目されているのがひとつです。特に魚油に含まれるDHAやEPAなどの不飽和脂肪酸は体によく、ブリやサンマ、イワシなど青背の魚に多く含まれることが知られてきています。生活習慣病やメタボなど健康に関連するキーワードが浸透してきたことで、『飲むときのツマミはせめて体にいいものを』という意識が定着したのだと思います」

 日本酒人気も、魚へと引き寄せる要因か。

「ビールは肉と好相性ですが、日本酒は魚をイメージしやすい。しかも、日本酒は地域性があり、種類が多く、それぞれの地域の魚と合わせれば、メニューの幅も広げやすい。売り上げアップにつながる可能性があるのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  8. 8

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る