ブリにサバ 大衆的な「魚の専門店」が出店ラッシュのワケ

公開日:

 ウナギやフグの専門店はあったが、最近はマグロやブリ、アジ、サバなど大衆的な魚の専門店が目につく。ありふれた魚の店ながら、予約なしでは入れない店もあるほどの人気ぶりだ。なぜ魚の専門店がブームなのか。フードライターの浅野陽子氏に聞いた。

「近年の健康ブームで、魚を食べることによる健康効果が注目されているのがひとつです。特に魚油に含まれるDHAやEPAなどの不飽和脂肪酸は体によく、ブリやサンマ、イワシなど青背の魚に多く含まれることが知られてきています。生活習慣病やメタボなど健康に関連するキーワードが浸透してきたことで、『飲むときのツマミはせめて体にいいものを』という意識が定着したのだと思います」

 日本酒人気も、魚へと引き寄せる要因か。

「ビールは肉と好相性ですが、日本酒は魚をイメージしやすい。しかも、日本酒は地域性があり、種類が多く、それぞれの地域の魚と合わせれば、メニューの幅も広げやすい。売り上げアップにつながる可能性があるのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  6. 6

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  7. 7

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  8. 8

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  9. 9

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

  10. 10

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

もっと見る