魚油以上の吸収率 オキアミ由来「クリルオイル」の注目度

公開日: 更新日:

「クリルとは、英語でオキアミのこと。エビと同じ甲殻類の一種です。その油分がクリルオイル。それを原料としたサプリメントが、世界的に注目されているのです」

 こう話すのは、健康食品に詳しい早稲田大学研究院の矢澤一良教授だ。

 ノルウェーの捕鯨船が南氷洋で捕鯨する一方、ナンキョクオキアミもとる。鮮度が落ちやすいのが製品化の“壁”だったが、船上で精油化する技術を確立し、欠点を克服。1990年代後半から欧米を中心に広まったという。

 そのオイルには、EPAとDHAが豊富に含まれている。日本では、90年代前半から“頭がよくなる”と一世を風靡しておなじみの不飽和脂肪酸・オメガ3の一種だ。実は矢澤教授はその研究の第一人者。脳機能の改善や認知症予防のほか、中性脂肪の低下、関節痛の軽減、肝機能の改善など、高齢社会の日本にはうれしい効果が満載だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  2. 2

    相次ぐ噴火で火山灰蓄積…“災害級”冷夏の到来を専門家が指摘

  3. 3

    やはり“首相案件”「毎月勤労統計」賃金カサ上げのシナリオ

  4. 4

    良好な経済指標ズラリ 民主党政権は本当に“悪夢”だったか

  5. 5

    安倍首相イージス・アショア導入は「自宅から通えるから」

  6. 6

    嘘とごまかしだらけ…安倍化した日本はかなり劣化した

  7. 7

    結果が出る前に…安倍政権は沖縄県民投票“ガン無視”モード

  8. 8

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  9. 9

    陸自の特殊作戦群の創始者が語る「武」を放棄した国の哀れ

  10. 10

    テレ朝・弘中綾香アナ“最大の武器”はマイペースと強心臓

もっと見る