「携帯市場」粟津浜一氏 現金8万円と名前にあやかり1円を

公開日: 更新日:

 中古の携帯電話の買い取り販売を手掛ける「携帯市場」は、唯一の中古携帯専門店を経営。ガラケーが手放せない中高年の救世主になっている。29歳で起業した社長は現在38歳。

「ガラケーユーザーは全国に3500万人。神田に専門店がある当社は、そんなユーザーの駆け込み寺になっています。北海道から沖縄まで、全国から買いにやってきますからね」

 機種を替えて覚え直すのが嫌だったり、通話だけで構わないというシニアは多いのだ。

 中古業者のトップらしく、財布も黒のボッテガの中古。

「取引先のリユースショップで1万2000円ぐらいで買いました。ジャケットのポケットに入れるので、二つ折りではなく長財布です。これ、気に入っています」

 現金は8万円とご覧の1円で、1円は名前にあやかってのもの。カードはまず会社用アメックスゴールドと個人用ANAゴールド。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  3. 3

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  4. 4

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  5. 5

    自民が9月入学で造反 党内に漂う“裸の王様”安倍離れの空気

  6. 6

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  7. 7

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  8. 8

    女子プロ記者語る木村花さんの素顔 リングで育った女の子

  9. 9

    安倍政権がなにかやるとき…良い子のみんなはわかってる!

  10. 10

    ネット規制の狙いミエミエ 安倍政権が露骨なSNSデモ潰し

もっと見る