石原詢子さん チェーン付きポシェットタイプに3万3000円

公開日:

 演歌歌手らしからぬ財布はチェーンがついているポシェットタイプで、右上にはスマイルのマークがついている。ある人から「時計と靴と財布はいいものを使え」と言われたのを守って、旅行や記念日などに購入することが多いそうで、これは昨年9月、仲良しの大石まどかさんに誕生日のプレゼントをしようと小田急新宿店に行って衝動買いした。2万4000円ナリ。

「『サロン・ド・アルファード』という国産ブランドでイタリアンレザーのデコボコして汚れた感じがいいし、機能的なのも気に入っています。最近は物忘れがひどくて(笑い)。荷物をたくさん持つと不安になるのですが、これならポケットも多くて携帯電話から領収書までいろんな物を入れることができます。ショッピングはこれひとつでOK」

 小銭は持たない主義で現金3万3000円。普段持ち歩くのは5万円くらいだ。クレジットカードはJALカード(現在16万マイル)、ANAのダイナース、伊勢丹カード、アメックス。さらにJRのエクスプレスカード、図書カード(5000円×2)、ANAのクーポン券(2000円×2)も。クーポン券は飛行機の遅延の際にもらった。早稲田・穴八幡宮の「一陽来復」のお守りは自宅にもある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  7. 7

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  8. 8

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  9. 9

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

  10. 10

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

もっと見る