中尾彬さんの財布はカフェのギャルソンが使う40年モノ

公開日: 更新日:

 中高年にとって避けて通れない「終活」。それぞれの事情にかかわらず、不動産、預貯金、お墓などに関しては生前に決めておかないと残された人が途方に暮れてしまう。

 芸能界を代表するおしどり夫婦、中尾彬さん、池波志乃さん夫妻は5年前に遺書を書くことから「人生の終わりの準備」を始めた。そして沖縄のセカンドハウス、木更津の中尾さんのアトリエ、身の回りのものも処分、これらをつづった共著「終活夫婦」を上梓した。

 なにはさておき、まずお金である。財布の紐を握っているのは池波さんで、中尾さんが「うちは大丈夫かね」と聞くと池波さんは「大丈夫、腐るほどありますから」と答えるそうだが、果たして中尾さんの財布にはいくら入っているのか。

「いつも入っているのは10万円くらいかな。財布を置いておくと、志乃が入れてくれるけど、いくらかは数えたことがないね。帰りに寄る場所がある時は多めだし、今はカードもあるからね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セイン・カミュは事務所独立問題がこじれ芸能界から消えた

  2. 2

    台風被害はそっちのけ…安倍自民“無能幹部”の呆れた実態

  3. 3

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  4. 4

    森田健作知事 元タレントなのに災害対応で存在感ゼロの愚

  5. 5

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  6. 6

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  7. 7

    醜聞だらけ “火薬庫大臣”田中和徳の初入閣に地元もビックリ

  8. 8

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  9. 9

    汚染処理水発言で物議 何でも屋は農業や社会保障も実績0

  10. 10

    楽天平石監督の退任騒動とヤクルト小川監督辞任の“点と線”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る