2組に1組は要チェック 夫が妻の扶養に入ると得なケースが

公開日: 更新日:

 安倍政権は、今年から新扶養控除をスタートした。配偶者控除を受けられるパートの上限年収を103万円から150万円に引き上げている。共働きをサポートするような仕組みだが、知らずに妻がせっせと働き続け、社会保険料の扶養ラインである年収130万円を超えると、社会保険料負担が生じる。2人の世帯年収が増えるとは限らない。

 既婚者世帯の3世帯のうち2世帯は共働きだが、そのうち8割は妻が非正規。そんな家庭では、妻の収入をチェックしながら、妻は夫の扶養に入れて働いているはずだ。

 ところが、夫が妻の扶養に入った方がトクになるケースがあるのをご存じか。ファイナンシャルプランナーの紀平正幸氏が言う。

「その典型は、夫が年上で定年退職してからも、妻が働いているケースです。夫の年金収入が年158万円以下なら、夫は妻の扶養に入れるのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  3. 3

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  4. 4

    甥っ子がフジテレビ退社 囁かれる“安倍引退”のタイミング

  5. 5

    「鬼滅の刃」実写化なら炭治郎は誰が? 浮上する6人の俳優

  6. 6

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  7. 7

    “奇跡の61歳”宮崎美子 カレンダー予約殺到で「鬼滅」超え

  8. 8

    嵐・二宮和也に訪れた倦怠期の兆し…“帰宅拒否症”疑惑も

  9. 9

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

  10. 10

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

もっと見る