2組に1組は要チェック 夫が妻の扶養に入ると得なケースが

公開日: 更新日:

 安倍政権は、今年から新扶養控除をスタートした。配偶者控除を受けられるパートの上限年収を103万円から150万円に引き上げている。共働きをサポートするような仕組みだが、知らずに妻がせっせと働き続け、社会保険料の扶養ラインである年収130万円を超えると、社会保険料負担が生じる。2人の世帯年収が増えるとは限らない。

 既婚者世帯の3世帯のうち2世帯は共働きだが、そのうち8割は妻が非正規。そんな家庭では、妻の収入をチェックしながら、妻は夫の扶養に入れて働いているはずだ。

 ところが、夫が妻の扶養に入った方がトクになるケースがあるのをご存じか。ファイナンシャルプランナーの紀平正幸氏が言う。

「その典型は、夫が年上で定年退職してからも、妻が働いているケースです。夫の年金収入が年158万円以下なら、夫は妻の扶養に入れるのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  2. 2

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  3. 3

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  4. 4

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  5. 5

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  6. 6

    ぐずる赤ん坊と警察官…ほのぼの写真が全米に拡散したワケ

  7. 7

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  8. 8

    生田斗真も結婚近い? 交際4年・清野菜名の舞台を2度観劇

  9. 9

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  10. 10

    竹田恒泰氏「天皇は親戚」発言をこのまま許していいのか?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る