• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

2組に1組は要チェック 夫が妻の扶養に入ると得なケースが

 安倍政権は、今年から新扶養控除をスタートした。配偶者控除を受けられるパートの上限年収を103万円から150万円に引き上げている。共働きをサポートするような仕組みだが、知らずに妻がせっせと働き続け、社会保険料の扶養ラインである年収130万円を超えると、社会保険料負担が生じる。2人の世帯年収が増えるとは限らない。

 既婚者世帯の3世帯のうち2世帯は共働きだが、そのうち8割は妻が非正規。そんな家庭では、妻の収入をチェックしながら、妻は夫の扶養に入れて働いているはずだ。

 ところが、夫が妻の扶養に入った方がトクになるケースがあるのをご存じか。ファイナンシャルプランナーの紀平正幸氏が言う。

「その典型は、夫が年上で定年退職してからも、妻が働いているケースです。夫の年金収入が年158万円以下なら、夫は妻の扶養に入れるのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  9. 9

    巨人・重信の台頭で…“FAの目玉”広島・丸の獲得に影響も

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る