【江古田編】怪しいアジトのような飲み屋で“逆ナン”の巻

公開日:

 練馬区の江古田といえば学生の街のイメージ。日大の芸術学部があるし、南口駅前にはラーメン屋やチェーン居酒屋がズラリ。雑多な雰囲気だ。

 しかし、反対の北口側は、ひと味違う。神社に銭湯、八百屋など、昭和の風情が残っている。

 その一角に、「○○○基地」という名の飲み屋を発見。手書き風の看板にしろ、“ぷろでゅーすby”などという意味不明な文字にしろ、怪しさプンプン。隙間から中が少し見えるが、暗くてよく分からない。でも、人の気配はある。よし、突入だ。

 中に入ると、おばちゃん客が6人ほどカウンターに座っていた。客がおっちゃんだけの店は多いが、おばちゃんだけのパターンは初めて。なんじゃこりゃ。健康器具の販売会社か!? 

 カウンターの中で、客よりさらに年かさの女将が料理を作り、客の相手をしと、忙しそうに働く。客は一斉にこちらをいちべつして、「どーぞどーぞ、こちらへ」と、真ん中に席をあけてくれた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  4. 4

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る