【新宿7丁目】全てがナゾ…“東北なまり”のインド人居酒屋

公開日: 更新日:

 新宿といえば、ゲイバーひしめく2丁目、寄席がある3丁目、近頃は東新宿の再開発で注目の6丁目があるが、7丁目まであるとは……。新宿文化センター前の立ち飲み屋台で一杯ひっかけた後、気まぐれに、いつもの歌舞伎町とは反対の抜弁天交差点方面に歩いた先がソコであった。

 薄暗いガード下の向こう側。都心のエアポケットという感じの住宅街に人通りはない。かつてはソコソコ栄えたのか、スナックや居酒屋とおぼしき看板だけが残る建物もある。終わコンならぬ“終わタウン”か。そんな中、煌々(こうこう)と明かりを照らすエスニック居酒屋があった。

 メニューに拙い日本語で「タンドリチーズだべお母さんの味」と書いてある。タンドリチーズ“だべ”? 東北出身のインド人の店か? 冷やかし半分で入ってみた。

 中は、いかにも洋食屋か中華料理店の居抜き。壁に「にごり酒・八海山」とあるが、メニューを開けば、カレーだけで20種類以上。バリバリのインド・ネパール料理店だ。そして問題のタンドリチーズ“だべ”は、タンドリーチーズ鍋のことで、東北なまりではなかった(当たり前だ)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  4. 4

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  5. 5

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  6. 6

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  7. 7

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  8. 8

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

もっと見る