【新宿7丁目】全てがナゾ…“東北なまり”のインド人居酒屋

公開日:

 新宿といえば、ゲイバーひしめく2丁目、寄席がある3丁目、近頃は東新宿の再開発で注目の6丁目があるが、7丁目まであるとは……。新宿文化センター前の立ち飲み屋台で一杯ひっかけた後、気まぐれに、いつもの歌舞伎町とは反対の抜弁天交差点方面に歩いた先がソコであった。

 薄暗いガード下の向こう側。都心のエアポケットという感じの住宅街に人通りはない。かつてはソコソコ栄えたのか、スナックや居酒屋とおぼしき看板だけが残る建物もある。終わコンならぬ“終わタウン”か。そんな中、煌々(こうこう)と明かりを照らすエスニック居酒屋があった。

 メニューに拙い日本語で「タンドリチーズだべお母さんの味」と書いてある。タンドリチーズ“だべ”? 東北出身のインド人の店か? 冷やかし半分で入ってみた。

 中は、いかにも洋食屋か中華料理店の居抜き。壁に「にごり酒・八海山」とあるが、メニューを開けば、カレーだけで20種類以上。バリバリのインド・ネパール料理店だ。そして問題のタンドリチーズ“だべ”は、タンドリーチーズ鍋のことで、東北なまりではなかった(当たり前だ)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  3. 3

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  4. 4

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  5. 5

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  6. 6

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  7. 7

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  8. 8

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  9. 9

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  10. 10

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

もっと見る