【新宿7丁目】全てがナゾ…“東北なまり”のインド人居酒屋

公開日: 更新日:

 新宿といえば、ゲイバーひしめく2丁目、寄席がある3丁目、近頃は東新宿の再開発で注目の6丁目があるが、7丁目まであるとは……。新宿文化センター前の立ち飲み屋台で一杯ひっかけた後、気まぐれに、いつもの歌舞伎町とは反対の抜弁天交差点方面に歩いた先がソコであった。

 薄暗いガード下の向こう側。都心のエアポケットという感じの住宅街に人通りはない。かつてはソコソコ栄えたのか、スナックや居酒屋とおぼしき看板だけが残る建物もある。終わコンならぬ“終わタウン”か。そんな中、煌々(こうこう)と明かりを照らすエスニック居酒屋があった。

 メニューに拙い日本語で「タンドリチーズだべお母さんの味」と書いてある。タンドリチーズ“だべ”? 東北出身のインド人の店か? 冷やかし半分で入ってみた。

 中は、いかにも洋食屋か中華料理店の居抜き。壁に「にごり酒・八海山」とあるが、メニューを開けば、カレーだけで20種類以上。バリバリのインド・ネパール料理店だ。そして問題のタンドリチーズ“だべ”は、タンドリーチーズ鍋のことで、東北なまりではなかった(当たり前だ)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    エ軍大谷が2回目の契約更改へ 投手全休で来季年俸いくら?

  2. 2

    神田沙也加は不倫離婚か “格下”ばかりと熱愛する深層心理

  3. 3

    安倍政権に国家賠償も…「桜」がジャパンライフ被害を加速

  4. 4

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

  5. 5

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  6. 6

    高畑充希&坂口健太郎“いつ恋婚”のタイミング 強行突破も

  7. 7

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  8. 8

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  9. 9

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  10. 10

    高畑充希「同期のサクラ」視聴率“右肩上がり”に3つの要素

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る