• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

策略? 液体のり「アラビックヤマト」が使い切れないナゾ

 日本人なら誰しもが一度は使ったことがあるだろう、液体のりの定番「アラビックヤマト」(希望小売価格170円=50ミリリットル)。学校や職場で長年親しまれ、オレンジ色のロゴとこの形状は「グッドデザイン・ロングライフデザイン賞」にも選ばれている。

 製造元は、東京・日本橋大伝馬町に本社を構える明治32(1899)年創業の「ヤマト」。社員数は100人に満たないが、売上高は33億円(17年度)で、これほど全国的に知られている商品もある。

「おかげさまで、アラビックヤマトという商品名まではご存じなくとも、商品自体の認知度は7割以上の方々からいただいております。発売は1975年で、当時、アラビアゴムの樹液で作ったのりを『アラビアのり』と言っていたことから、アラビック(アラビアの)ヤマトと名付けられました。とはいえ、主成分は石油から作る水溶性の樹脂のポリビニルアルコールです」(同社のGリテール商品企画室担当者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  2. 2

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  3. 3

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  4. 4

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  5. 5

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  6. 6

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  7. 7

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  8. 8

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  9. 9

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  10. 10

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

もっと見る