有名組長の名刺は3000円 ヤクザグッズは誰が買っている?

公開日:

 最近、ヤクザグッズがネット上で売買されている。「SPA!」(6月26日号)では、暴力団の雑用係の男性が倉庫内にあった山口組や稲川会などの代紋、名前が入った名刺などを売っている事例を紹介。名刺とカレンダーは1枚3000円から取引され、有名な組長の名刺は3万円以上。襲名披露の引き出物やアルバムは10万円以上の値がつくそうだ。

 念のため「ヤフオク!」と「メルカリ」でヤクザ関連品を検索したが、該当する商品は見当たらなかった。その代わり、買い取りや売買をしている複数のサイトを発見。某組織の金バッジが2万5000円、代紋入りの灰皿が3万円、亡くなった有名組長の名刺は1万5000円で売られていた。このほか、組長の葬儀の書状(2万5000円)や幹部の集合写真(1万円)など、ヤクザ業界のグッズが並んでいる。

 いつから、誰が買っているのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る