有名組長の名刺は3000円 ヤクザグッズは誰が買っている?

公開日: 更新日:

 最近、ヤクザグッズがネット上で売買されている。「SPA!」(6月26日号)では、暴力団の雑用係の男性が倉庫内にあった山口組や稲川会などの代紋、名前が入った名刺などを売っている事例を紹介。名刺とカレンダーは1枚3000円から取引され、有名な組長の名刺は3万円以上。襲名披露の引き出物やアルバムは10万円以上の値がつくそうだ。

 念のため「ヤフオク!」と「メルカリ」でヤクザ関連品を検索したが、該当する商品は見当たらなかった。その代わり、買い取りや売買をしている複数のサイトを発見。某組織の金バッジが2万5000円、代紋入りの灰皿が3万円、亡くなった有名組長の名刺は1万5000円で売られていた。このほか、組長の葬儀の書状(2万5000円)や幹部の集合写真(1万円)など、ヤクザ業界のグッズが並んでいる。

 いつから、誰が買っているのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    【スケートボード】史上最年少金・西矢椛と銅・中山楓奈 メダリスト2人の“家庭の事情”

  3. 3

    全米ホロリ…おひとりさま高齢女性客が残したチップとメモの想い

  4. 4

    「報ステ」大越健介キャスター抜擢で…テレ朝から聞こえてきた不協和音

  5. 5

    テレ朝「報ステ」大越健介氏キャスター抜擢で囁かれる“相方”女性キャスターの名前

  6. 6

    テレ朝・斎藤ちはるアナのコロナ感染で"TBSのドン・ファン"に再び脚光が…

  7. 7

    開会式トンズラの安倍前首相 日本人メダルラッシュにも沈黙のナゼ

  8. 8

    福原愛が念願の五輪解説で大張り切り “不倫妻イメージ”払拭に躍起も複雑な胸中

  9. 9

    「この家に入るニャ!」インドで猫が毒蛇コブラの侵入を防ぐ

  10. 10

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

もっと見る