• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

有名組長の名刺は3000円 ヤクザグッズは誰が買っている?

 最近、ヤクザグッズがネット上で売買されている。「SPA!」(6月26日号)では、暴力団の雑用係の男性が倉庫内にあった山口組や稲川会などの代紋、名前が入った名刺などを売っている事例を紹介。名刺とカレンダーは1枚3000円から取引され、有名な組長の名刺は3万円以上。襲名披露の引き出物やアルバムは10万円以上の値がつくそうだ。

 念のため「ヤフオク!」と「メルカリ」でヤクザ関連品を検索したが、該当する商品は見当たらなかった。その代わり、買い取りや売買をしている複数のサイトを発見。某組織の金バッジが2万5000円、代紋入りの灰皿が3万円、亡くなった有名組長の名刺は1万5000円で売られていた。このほか、組長の葬儀の書状(2万5000円)や幹部の集合写真(1万円)など、ヤクザ業界のグッズが並んでいる。

 いつから、誰が買っているのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  4. 4

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  5. 5

    “塚原派”にも追い込まれ…コーチ不在の宮川紗江に引退危機

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  8. 8

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  9. 9

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  10. 10

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

もっと見る