田丸昇
著者のコラム一覧
田丸昇

1950年5月5日、長野県東御市生まれ。元日本将棋連盟理事。中学生で奨励会入りし、佐瀬勇次名誉九段の門下生となる。長髪から「ライオン丸」というニックネームで知られた。16年10月に現役引退。近著に「名棋士の対局に学ぶ 詰め&必死」(創元社)がある。

新女流王位の渡部愛女流三段が感極まった過去の苦い記憶

公開日:

 里見香奈女流王位(26)に渡部愛女流二段(25)が挑戦した女流王位戦は、6月13日に行われた第4局に勝った渡部が、3勝1敗で里見を破った。

 渡部は女流王位のタイトルを初めて獲得し、規定によって女流三段に昇段した。

 里見は、在籍していた奨励会(棋士養成機関)の三段リーグで好成績を挙げられず、3月に年齢制限によって退会していた。しかし、女流棋士として圧倒的な強さを誇っていて、五冠(女流名人・女流王将・女流王座・女流王位・倉敷藤花)を保持していた。渡部には、里見はとてつもなく大きな存在だった。

 女流王位戦の第1局は、渡部の地元の北海道で行われた。激闘の末に終盤で里見の勝勢になったが、里見が即詰みを珍しく逃して逆転負けを喫した。

 渡部にとって、第1局の勝利が結果的に大きかった。以降の対局でも奮闘し、シリーズを見事に制した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る