9つの公式戦に挑む藤井四段 タイトル奪取のポイントは?

公開日:

 連勝記録が「29」でストップしてから1カ月弱。最近はワイドショーが追い回す機会も減ったが、藤井聡太四段(15)は順調に勝ち星を重ねている。27日も「銀河戦」の予選で平藤真吾七段(53)と対局して勝利。本戦トーナメントへの出場を決めた。通算成績は34勝2敗となった。

 藤井四段は7月2日に「竜王戦」、21日に「上州YAMADAチャレンジ杯」に敗退したが、実はこの銀河戦のほかに8つの公式戦を戦っている。「名人戦順位戦」「王将戦」「棋王戦」「NHK杯」「叡王戦」「加古川青流戦」「新人王戦」「朝日杯将棋オープン戦」だ。棋王戦は予選を通過。NHK杯は本戦の1回戦で千田翔太六段(23)に勝利している。

 9つの公式戦に挑んでいるとなれば、どれかひとつくらいタイトルを奪取できるのではないかと期待してしまうが、そう簡単ではないようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る