9つの公式戦に挑む藤井四段 タイトル奪取のポイントは?

公開日: 更新日:

 連勝記録が「29」でストップしてから1カ月弱。最近はワイドショーが追い回す機会も減ったが、藤井聡太四段(15)は順調に勝ち星を重ねている。27日も「銀河戦」の予選で平藤真吾七段(53)と対局して勝利。本戦トーナメントへの出場を決めた。通算成績は34勝2敗となった。

 藤井四段は7月2日に「竜王戦」、21日に「上州YAMADAチャレンジ杯」に敗退したが、実はこの銀河戦のほかに8つの公式戦を戦っている。「名人戦順位戦」「王将戦」「棋王戦」「NHK杯」「叡王戦」「加古川青流戦」「新人王戦」「朝日杯将棋オープン戦」だ。棋王戦は予選を通過。NHK杯は本戦の1回戦で千田翔太六段(23)に勝利している。

 9つの公式戦に挑んでいるとなれば、どれかひとつくらいタイトルを奪取できるのではないかと期待してしまうが、そう簡単ではないようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  8. 8

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

  9. 9

    洪水に襲われた農地に小型冷蔵庫!その中身に全米ホッコリ

  10. 10

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

もっと見る