• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

9つの公式戦に挑む藤井四段 タイトル奪取のポイントは?

 連勝記録が「29」でストップしてから1カ月弱。最近はワイドショーが追い回す機会も減ったが、藤井聡太四段(15)は順調に勝ち星を重ねている。27日も「銀河戦」の予選で平藤真吾七段(53)と対局して勝利。本戦トーナメントへの出場を決めた。通算成績は34勝2敗となった。

 藤井四段は7月2日に「竜王戦」、21日に「上州YAMADAチャレンジ杯」に敗退したが、実はこの銀河戦のほかに8つの公式戦を戦っている。「名人戦順位戦」「王将戦」「棋王戦」「NHK杯」「叡王戦」「加古川青流戦」「新人王戦」「朝日杯将棋オープン戦」だ。棋王戦は予選を通過。NHK杯は本戦の1回戦で千田翔太六段(23)に勝利している。

 9つの公式戦に挑んでいるとなれば、どれかひとつくらいタイトルを奪取できるのではないかと期待してしまうが、そう簡単ではないようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  6. 6

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  9. 9

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

  10. 10

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

もっと見る