9つの公式戦に挑む藤井四段 タイトル奪取のポイントは?

公開日:

 連勝記録が「29」でストップしてから1カ月弱。最近はワイドショーが追い回す機会も減ったが、藤井聡太四段(15)は順調に勝ち星を重ねている。27日も「銀河戦」の予選で平藤真吾七段(53)と対局して勝利。本戦トーナメントへの出場を決めた。通算成績は34勝2敗となった。

 藤井四段は7月2日に「竜王戦」、21日に「上州YAMADAチャレンジ杯」に敗退したが、実はこの銀河戦のほかに8つの公式戦を戦っている。「名人戦順位戦」「王将戦」「棋王戦」「NHK杯」「叡王戦」「加古川青流戦」「新人王戦」「朝日杯将棋オープン戦」だ。棋王戦は予選を通過。NHK杯は本戦の1回戦で千田翔太六段(23)に勝利している。

 9つの公式戦に挑んでいるとなれば、どれかひとつくらいタイトルを奪取できるのではないかと期待してしまうが、そう簡単ではないようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

もっと見る