ひふみんが一橋大に降臨 満員独演会で語った“第二の人生”

公開日: 更新日:

「2017年の顔」といっても過言ではない。6月に現役を引退した「ひふみん」こと将棋棋士の加藤一二三九段(77)が24日、一橋大学(東京都国立市)の学園祭に登場した。

 会場の「兼松講堂」は在校生以上に女子高生や界隈の住民、将棋ファンら老若男女が多く訪れ、入り口前には長蛇の列。650人超の座席はほぼ埋め尽くされ、開演前から熱気ムンムン状態であった。

 学園祭の目玉企画と銘打たれた講演会のテーマは「将棋と人生」。「キャーッ! かわいいー!」という歓声を浴びて登場したひふみんは、「こんにちは。それでは始めます」とマイペースに挨拶。以降、全60分間の独演会は、あっちこっち脱線させまくりながら元気に話し続けたのだった。

 この日は今月2日に胆石性急性胆嚢炎と診断され、緊急手術を行ってから初の公の場。倒れた原因は多忙ゆえと推測した報道に対し、当の本人は不満だったようで「過労で倒れたと思った方は極めて未熟なんですよ。暇を持て余していたって手術するんですから!」などと、力強く持論を展開した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  2. 2

    電波少年で時の人 伊藤高史さん「朋友」から21年年後の今

  3. 3

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  4. 4

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  5. 5

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  6. 6

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  7. 7

    日本シリーズ初勝利 “鷹サブマリン”高橋を待つバラ色オフ

  8. 8

    “私立小御三家”から転落しかねない…学習院初等科の危機

  9. 9

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  10. 10

    土屋太鳳に吉岡里帆…“嫌われ者”は好かれる先輩に学ぶべし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る