支援団体代表に聞く 弱者叩きを招く「貧困ギャップ」とは

公開日:

 子供や若者、シングルマザーなどの貧困が社会問題になっているが、同時に貧困当事者が叩かれる「弱者叩き」も問題だ。その背景のひとつにあるのが、イメージとしての「貧困ギャップ」。「貧困」という言葉に多くの人が持つイメージと、現代の貧困の実態に乖離があるためだという。

 どんなことなのか。経済的に困っている家庭の子供や若者を対象にした学習支援団体の代表たちに話を聞いた。

「子供に習い事をさせながら、勉強は無料塾でという家庭があります。贅沢と思われるかもしれませんが、実は多子家庭より母子家庭のほうが習い事率が高いのです。お金がないからといって、子供に好きなことを諦めさせたくないという親心から、続けさせる親も多い」(日野すみれ塾・仁藤夏子代表)

「好きなことにお金を使うのがけしからんという風潮に疑問です。友達とファミレスでおしゃべりするのが、心のよりどころという子もいます。その分、家族旅行など他のことを我慢するなど工夫をしています」(高槻つばめ学習会・茶山敬子代表)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る