支援団体代表に聞く 弱者叩きを招く「貧困ギャップ」とは

公開日: 更新日:

 子供や若者、シングルマザーなどの貧困が社会問題になっているが、同時に貧困当事者が叩かれる「弱者叩き」も問題だ。その背景のひとつにあるのが、イメージとしての「貧困ギャップ」。「貧困」という言葉に多くの人が持つイメージと、現代の貧困の実態に乖離があるためだという。

 どんなことなのか。経済的に困っている家庭の子供や若者を対象にした学習支援団体の代表たちに話を聞いた。

「子供に習い事をさせながら、勉強は無料塾でという家庭があります。贅沢と思われるかもしれませんが、実は多子家庭より母子家庭のほうが習い事率が高いのです。お金がないからといって、子供に好きなことを諦めさせたくないという親心から、続けさせる親も多い」(日野すみれ塾・仁藤夏子代表)

「好きなことにお金を使うのがけしからんという風潮に疑問です。友達とファミレスでおしゃべりするのが、心のよりどころという子もいます。その分、家族旅行など他のことを我慢するなど工夫をしています」(高槻つばめ学習会・茶山敬子代表)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    連日過熱報道でついに悲鳴…渋野日向子が“国外逃亡”する日

  2. 2

    日韓外相会談物別れでも SNS映えに走る河野外相悪ノリ外遊

  3. 3

    コンクリートに7割消える「消費増税2兆円対策」のマヤカシ

  4. 4

    F35とは“別腹” F2後継ステルス機国産化で防衛費は青天井

  5. 5

    滝クリ同居拒否は宣戦布告か?進次郎が怯える“嫁姑バトル”

  6. 6

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  7. 7

    マネジャー20人交代…友近に浮上したパワハラ疑惑の行方

  8. 8

    天皇陛下以外が過去の戦争に反省の言葉を発しなかった理由

  9. 9

    三菱UFJ銀行vs三井住友銀行の給与 老後の蓄えは1億円以上

  10. 10

    史上最低大河「いだてん」に狙いを定めるN国にNHKは真っ青

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る