支援団体代表に聞く 弱者叩きを招く「貧困ギャップ」とは

公開日: 更新日:

 子供や若者、シングルマザーなどの貧困が社会問題になっているが、同時に貧困当事者が叩かれる「弱者叩き」も問題だ。その背景のひとつにあるのが、イメージとしての「貧困ギャップ」。「貧困」という言葉に多くの人が持つイメージと、現代の貧困の実態に乖離があるためだという。

 どんなことなのか。経済的に困っている家庭の子供や若者を対象にした学習支援団体の代表たちに話を聞いた。

「子供に習い事をさせながら、勉強は無料塾でという家庭があります。贅沢と思われるかもしれませんが、実は多子家庭より母子家庭のほうが習い事率が高いのです。お金がないからといって、子供に好きなことを諦めさせたくないという親心から、続けさせる親も多い」(日野すみれ塾・仁藤夏子代表)

「好きなことにお金を使うのがけしからんという風潮に疑問です。友達とファミレスでおしゃべりするのが、心のよりどころという子もいます。その分、家族旅行など他のことを我慢するなど工夫をしています」(高槻つばめ学習会・茶山敬子代表)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  4. 4

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  5. 5

    坂上忍では微妙…関西人が納得する上沼恵美子“後釜”の名前

  6. 6

    分科会に浮上「Go To トラベル」前倒し実施に重大瑕疵疑惑

  7. 7

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  8. 8

    “東京進出組”2人のMC 石井亮次にあって宮根誠司にないもの

  9. 9

    阪神藤浪を殺す梅野の怯懦 巨人相手に5回まで1失点も3連敗

  10. 10

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

もっと見る