インド人は酷暑に強い 「夏こそカレー」が正解の根拠は?

公開日:

 インドやタイ、フィリピン、インドネシアなど暑いエリアでは、食事に香辛料をふんだんに取り入れている。「夏こそカレー」は最近の食のトレンドだが、灼熱地獄を乗り切るには、理にかなった食事だという。

 鍼灸師で、南石鍼灸治療院院長の朴宰弘さんが言う。

「夏は、皮膚の表面温度が高い半面、内臓の温度は低くなって、温度の差が広がりやすい。冷たい水やビールを飲むためですが、そうすると、体は暑さに弱くなります。しかし、暑いところに住む人がそれでは生きていけないので、スパイスで内臓を温める食文化が根付いているのです。内臓が温まると、汗をかいて相対的に皮膚の表面温度が下がる。皮膚表面の温度を下げる効果は、冷たいものを飲むより、スパイスやお湯などで内臓を温める方が持続します。ですから、カレーに代表されるスパイス料理を夏に食べるのは、理にかなっているのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  4. 4

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  7. 7

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  8. 8

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  9. 9

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  10. 10

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

もっと見る