インド人は酷暑に強い 「夏こそカレー」が正解の根拠は?

公開日:

 インドやタイ、フィリピン、インドネシアなど暑いエリアでは、食事に香辛料をふんだんに取り入れている。「夏こそカレー」は最近の食のトレンドだが、灼熱地獄を乗り切るには、理にかなった食事だという。

 鍼灸師で、南石鍼灸治療院院長の朴宰弘さんが言う。

「夏は、皮膚の表面温度が高い半面、内臓の温度は低くなって、温度の差が広がりやすい。冷たい水やビールを飲むためですが、そうすると、体は暑さに弱くなります。しかし、暑いところに住む人がそれでは生きていけないので、スパイスで内臓を温める食文化が根付いているのです。内臓が温まると、汗をかいて相対的に皮膚の表面温度が下がる。皮膚表面の温度を下げる効果は、冷たいものを飲むより、スパイスやお湯などで内臓を温める方が持続します。ですから、カレーに代表されるスパイス料理を夏に食べるのは、理にかなっているのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  2. 2

    金銭より年数で…FA浅村の楽天入りは“ゆとり世代”ならでは

  3. 3

    特捜部を待つゴーンの徹底抗戦 “人質司法”には絶対屈しない

  4. 4

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  5. 5

    清水国明は68歳で第5子 芸能界“高齢パパ”の気になる共通項

  6. 6

    先輩2人が大減俸…オリFA西「2度目の交渉」は別れの挨拶か

  7. 7

    提示は5億円減 オリ金子「自由契約ある」で巨人入り怪情報

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  10. 10

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

もっと見る