JAFに聞く 真夏の炎天下で車内の温度を最も早く下げる方法

公開日:

 車に戻ってくると、目玉焼きができるんじゃないかと思うほどボンネットが加熱している。

 その時、車内温度はどうなっているのか。JAF(日本自動車連盟)が、最高気温35度の真夏に野ざらしでミニバンを4時間放置し、車内温度を調べている(別表)。

 温度が最も高かったのはボディーカラーが黒の車。車内の最高温度は57度、ダッシュボードに至っては79度を記録した。窓を少し開け高速サービスエリアで食事をする人もいるが、車内温度は45度。熱中症で命を脅かすレベルだ。さすがに赤ちゃんを放置する人はいないと思うが、ペットは油断されている。

「実験では、エアコン停止からわずか15分で20度の車内温度が31度を超え、熱中症の危険レベルに達しました」(JAF広報担当者)

 実験の際、ダッシュボードにスマホを置いておいたところ、ものの見事に使用不能に。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る