JAFに聞く 真夏の炎天下で車内の温度を最も早く下げる方法

公開日:

 車に戻ってくると、目玉焼きができるんじゃないかと思うほどボンネットが加熱している。

 その時、車内温度はどうなっているのか。JAF(日本自動車連盟)が、最高気温35度の真夏に野ざらしでミニバンを4時間放置し、車内温度を調べている(別表)。

 温度が最も高かったのはボディーカラーが黒の車。車内の最高温度は57度、ダッシュボードに至っては79度を記録した。窓を少し開け高速サービスエリアで食事をする人もいるが、車内温度は45度。熱中症で命を脅かすレベルだ。さすがに赤ちゃんを放置する人はいないと思うが、ペットは油断されている。

「実験では、エアコン停止からわずか15分で20度の車内温度が31度を超え、熱中症の危険レベルに達しました」(JAF広報担当者)

 実験の際、ダッシュボードにスマホを置いておいたところ、ものの見事に使用不能に。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  10. 10

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

もっと見る