JAFに聞く 真夏の炎天下で車内の温度を最も早く下げる方法

公開日: 更新日:

 車に戻ってくると、目玉焼きができるんじゃないかと思うほどボンネットが加熱している。

 その時、車内温度はどうなっているのか。JAF(日本自動車連盟)が、最高気温35度の真夏に野ざらしでミニバンを4時間放置し、車内温度を調べている(別表)。

 温度が最も高かったのはボディーカラーが黒の車。車内の最高温度は57度、ダッシュボードに至っては79度を記録した。窓を少し開け高速サービスエリアで食事をする人もいるが、車内温度は45度。熱中症で命を脅かすレベルだ。さすがに赤ちゃんを放置する人はいないと思うが、ペットは油断されている。

「実験では、エアコン停止からわずか15分で20度の車内温度が31度を超え、熱中症の危険レベルに達しました」(JAF広報担当者)

 実験の際、ダッシュボードにスマホを置いておいたところ、ものの見事に使用不能に。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  3. 3

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  4. 4

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  5. 5

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  6. 6

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  7. 7

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  8. 8

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

  9. 9

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  10. 10

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

もっと見る