• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

JAFに聞く 真夏の炎天下で車内の温度を最も早く下げる方法

 車に戻ってくると、目玉焼きができるんじゃないかと思うほどボンネットが加熱している。

 その時、車内温度はどうなっているのか。JAF(日本自動車連盟)が、最高気温35度の真夏に野ざらしでミニバンを4時間放置し、車内温度を調べている(別表)。

 温度が最も高かったのはボディーカラーが黒の車。車内の最高温度は57度、ダッシュボードに至っては79度を記録した。窓を少し開け高速サービスエリアで食事をする人もいるが、車内温度は45度。熱中症で命を脅かすレベルだ。さすがに赤ちゃんを放置する人はいないと思うが、ペットは油断されている。

「実験では、エアコン停止からわずか15分で20度の車内温度が31度を超え、熱中症の危険レベルに達しました」(JAF広報担当者)

 実験の際、ダッシュボードにスマホを置いておいたところ、ものの見事に使用不能に。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    巨人・重信の台頭で…“FAの目玉”広島・丸の獲得に影響も

  9. 9

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  10. 10

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

もっと見る