原材料や製法にこだわり キリン「本麒麟」がめざしたもの

公開日: 更新日:

 キリンビールの新ジャンル「本麒麟」が絶好調だ。2018年3月の発売から約3カ月で、年間目標の5割を超える1億本(350ミリ缶換算)を突破。つまりは予想の2倍のスピードで売れており、同社新ジャンルにおいて「キリンのどごし<生>」以来、13年ぶりの大型商品となっている。

 人気の理由は、力強いコクと飲みごたえ。キリンの調査によれば、飲んだ人の93%が「うまさに驚いた!」と高評価したという。

節約志向が高まる中、低価格でありながら高品質な商品が支持されている。特に身近なものほどその傾向が強く、ビール類に目を向ければ家庭用の約5割を占めるのが新ジャンル。デーリーに飲まれる新ジャンルだからこそ、魅力あるものを提案したいと考えた」(マーケティング部ビール類カテゴリー戦略担当の京谷侑香氏)

 目指したのはビールに近い味覚(高品質)だ。新ジャンルユーザーに話を聞くと、新ジャンルは飲みやすく、おおむね満足しているものの「経済的に許されるなら、本当はビールを飲みたい」との声。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  2. 2

    東出昌大“針のムシロ”長期化 良きパパのイメージが致命傷

  3. 3

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  4. 4

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  5. 5

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  6. 6

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  7. 7

    日曜朝にTBS「サンモニ」が醸す安心感 人気継続2つの理由

  8. 8

    兜町は戦々恐々 新型肺炎拡大で日経平均2万円割れに現実味

  9. 9

    杉田水脈議員「夫婦別姓ヤジ」で安倍首相お膝元に雲隠れ

  10. 10

    背筋が凍る動機と金満 河井案里1億5000万円は政権の致命傷

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る