原材料や製法にこだわり キリン「本麒麟」がめざしたもの

公開日:

 キリンビールの新ジャンル「本麒麟」が絶好調だ。2018年3月の発売から約3カ月で、年間目標の5割を超える1億本(350ミリ缶換算)を突破。つまりは予想の2倍のスピードで売れており、同社新ジャンルにおいて「キリンのどごし<生>」以来、13年ぶりの大型商品となっている。

 人気の理由は、力強いコクと飲みごたえ。キリンの調査によれば、飲んだ人の93%が「うまさに驚いた!」と高評価したという。

「節約志向が高まる中、低価格でありながら高品質な商品が支持されている。特に身近なものほどその傾向が強く、ビール類に目を向ければ家庭用の約5割を占めるのが新ジャンル。デーリーに飲まれる新ジャンルだからこそ、魅力あるものを提案したいと考えた」(マーケティング部ビール類カテゴリー戦略担当の京谷侑香氏)

 目指したのはビールに近い味覚(高品質)だ。新ジャンルユーザーに話を聞くと、新ジャンルは飲みやすく、おおむね満足しているものの「経済的に許されるなら、本当はビールを飲みたい」との声。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る