原材料や製法にこだわり キリン「本麒麟」がめざしたもの

公開日:

 キリンビールの新ジャンル「本麒麟」が絶好調だ。2018年3月の発売から約3カ月で、年間目標の5割を超える1億本(350ミリ缶換算)を突破。つまりは予想の2倍のスピードで売れており、同社新ジャンルにおいて「キリンのどごし<生>」以来、13年ぶりの大型商品となっている。

 人気の理由は、力強いコクと飲みごたえ。キリンの調査によれば、飲んだ人の93%が「うまさに驚いた!」と高評価したという。

「節約志向が高まる中、低価格でありながら高品質な商品が支持されている。特に身近なものほどその傾向が強く、ビール類に目を向ければ家庭用の約5割を占めるのが新ジャンル。デーリーに飲まれる新ジャンルだからこそ、魅力あるものを提案したいと考えた」(マーケティング部ビール類カテゴリー戦略担当の京谷侑香氏)

 目指したのはビールに近い味覚(高品質)だ。新ジャンルユーザーに話を聞くと、新ジャンルは飲みやすく、おおむね満足しているものの「経済的に許されるなら、本当はビールを飲みたい」との声。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  3. 3

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  6. 6

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  7. 7

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  8. 8

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  9. 9

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  10. 10

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

もっと見る