原材料や製法にこだわり キリン「本麒麟」がめざしたもの

公開日: 更新日:

 キリンビールの新ジャンル「本麒麟」が絶好調だ。2018年3月の発売から約3カ月で、年間目標の5割を超える1億本(350ミリ缶換算)を突破。つまりは予想の2倍のスピードで売れており、同社新ジャンルにおいて「キリンのどごし<生>」以来、13年ぶりの大型商品となっている。

 人気の理由は、力強いコクと飲みごたえ。キリンの調査によれば、飲んだ人の93%が「うまさに驚いた!」と高評価したという。

節約志向が高まる中、低価格でありながら高品質な商品が支持されている。特に身近なものほどその傾向が強く、ビール類に目を向ければ家庭用の約5割を占めるのが新ジャンル。デーリーに飲まれる新ジャンルだからこそ、魅力あるものを提案したいと考えた」(マーケティング部ビール類カテゴリー戦略担当の京谷侑香氏)

 目指したのはビールに近い味覚(高品質)だ。新ジャンルユーザーに話を聞くと、新ジャンルは飲みやすく、おおむね満足しているものの「経済的に許されるなら、本当はビールを飲みたい」との声。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニー喜多川氏のタイプはタッキー、東山、中居に分類

  2. 2

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  3. 3

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  4. 4

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  5. 5

    吉村府知事また出たドヤ顔“妄言”「陽性者と感染者は違う」

  6. 6

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  7. 7

    再エネで「嘘」を…英国政府を“激怒”させた経産省の大失態

  8. 8

    トランプ「有罪」へ秒読み開始 共和党議員から20人造反か

  9. 9

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  10. 10

    歌も踊りもやらないジャニー氏が踊るように指示できた理由

もっと見る